【三浦春馬主演】TWO WEEKSのラストをネタバレ!韓国版との違いも調査




日本版ドラマ『TWO WEEKS』は、フジテレビ系で2019年7月16日から放送される、タイムリミットサスペンスドラマです。

三浦春馬さん主演で、2013年放送の韓国ドラマの日本版リメイク作品となります。

三浦さんの他に、ヒロイン・芳根京子さん、比嘉愛未さん、高嶋政伸さん、黒木瞳さんといった豪華俳優陣が出演します。

三浦春馬さん主演『TWO WEEKS』のラストのネタバレの他に、韓国版との違いも調査しました!

ドラマ「TWO WEEKS」|あらすじ

三浦春馬さん主演ドラマ「TWO WEEKS」のあらすじをご紹介します。

三浦春馬さん主演ドラマ「TWO WEEKS」あらすじ

結城大地(三浦春馬)は、殺人未遂の罪で服役した過去を持っています。

出所後の現在は自分の人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしています。

そんな彼の前に、今までの人生でただ一人心を奪われながらも<ある出来事>により一方的に別れを告げた女性・青柳すみれ(比嘉愛未)が現れます。

そして彼女から、結城との娘を産んでいたことを告げられます。

そして、“はな”という名の8才の娘が白血病を患っており、骨髄移植手術でしか治る術がないことを結城は知ることになります。

急に知った娘の存在に混乱しながらも、病院ではじめて顔を合わせたはなを目の前に、父親としての愛情が芽生え始めます。

その上、ラッキーなことにドナーに合致したことで、結城は再び自分が生きる意味を見い出します。

ドラママニア
初めて父性に目覚めた男は、娘の命を救うことができるのでしょうか!?

しかし、その矢先、結城はある者の策略により、殺人事件の犯人として逮捕されてしまうことになります。

今のままでは2週間後に迫った骨髄移植手術をすることができないと思われた結城は、はなの命を救うため、決死の逃亡を企てます

ドラママニア
三浦春馬さんが逃亡犯となる、2週間のタイムリミットサスペンスです!
ドラマ「TWO WEEKS」あらすじ まとめ

・殺人未遂の罪で服役した過去を持つ結城大地(三浦春馬)

・かつて人生で唯一心の底から愛した青柳すみれ(比嘉愛未)が現れる

・結城との娘“はな”を産んでおり、8才の娘が白血病を患っていた

・父性が芽生え、ドナーに適合したことで、結城は再び生きる意味を見い出す

・結城はある者の策略により、殺人事件の犯人として逮捕される

下記に、「TWO WEEKS」の見逃し動画配信のサービスについて紹介しているので、これまでの話を無料で視聴したい!という方はぜひチェックしてみてください。

【三浦春馬主演】TWO WEEKSの見逃し動画配信サービス一覧とあらすじ紹介

2019年6月25日

 

ドラマ「TWO WEEKS」|最終回ラストのネタバレ

ドラマ「TWO WEEKS」ラストのネタバレを、韓国版の話を元にご紹介していきます!

ドラマ「TWO WEEKS」ラストのネタバレ

巨悪は倒され、結城大地(三浦春馬)と青柳すみれ(比嘉愛未)の娘“はな”の手術は無事に成功します。

そして、2か月後には退院できることとなります。

更に、月島楓(芳根京子)によって結城の前科も無罪になります。

はなが退院し、結城はご褒美としてはなが書いた『パパと一緒にしたいこと』を1つ1つ叶えてあげます。

一緒に遊んで、一緒に食べて、一緒に寝て・・・。

ドラママニア
結城、すみれ、はなは誰がどう見ても幸せな家族そのものです!

しかし、ずっとそのままというわけにもいきません。

どんな瞬間でも、辛いときに頼れる父親になりたいと結城はすみれに伝え、その前にそういう人間にならないといけないと2人前から去ることにします。

そして、結城は有馬海忠(三浦貴大)を選べと言います。

しかし、3人の幸せを願い、有馬も身を引く覚悟をしていました。

再び会いに来ることを約束し、結城は一人で旅立ちます。

ドラママニア
結果、すみれは結城と有馬とのどちらもまだ選んでいません!

有馬から結城を1人で行かせるなと言われた際、すみれは「今の彼に必要なのは時間なの。人生を見つめなおす時間。有馬さんにも必要だし、私にも必要。有馬さんには申し訳ないけど、時間が必要なの」と返します。

最終回で決着をつけず、視聴者の皆さんのご想像にお任せします、ということですね!

こちらのラストのネタバレのように、日本版でもこのような形の結末で描かれるのではないかと思われます。

ドラマ「TWO WEEKS」ラストのネタバレ

ネタバレ①:はなの手術は成功し、無事退院する

ネタバレ②:月島楓(芳根京子)によって結城の前科も無罪に

ネタバレ③:結城はご褒美にはなの『パパと一緒にしたいこと』を1つ1つ叶える

ネタバレ④:改めて前に進むため、再会を約束し、結城は1人旅立つ

 

ドラマ「TWO WEEKS」|韓国版との違い

ドラマ「TWO WEEKS」韓国版と三浦春馬さんが主演する日本版との違いをご紹介します。

韓国版との違い① 主人公の設定の違い

韓国版主人公 チャン・テサン

質店の雇われ店主で、三流チンピラです。

幼い頃、自分の誕生日に母親が自殺している現場を見てしまい、心に深い傷を負います。

母の死のトラウマから血に対する恐怖心があり、人を殺すことができません

プサンの組織にいた頃、イネと出会い、愛し合うようになります。

しかし、彼女を守るためボスであるイルソクの身代わりで服役、イネを無情に捨てた過去があるのです。

そのとき被った罪こそ、イルソクがジェギョンの父を刺した傷害事件でした。

出所後、さらにイルソクの罪を被って服役したため無実の罪で前科2犯となり、人生に何の意味も見出せずにいました。

しかし、娘のスジンとの出会いにより、一度でも人間らしく生きたいと思うようになります。

 

三浦春馬さん主演日本版主人公 結城大地

結城大地は、殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、現在は人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしています。

そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた女性が現れます。

そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、“はな”という名の8才になるその娘が白血病であることを告げられます。

突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなを前に、父親としてのいとおしさを覚えます。

さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだします。

韓国版と日本版の主人公の設定は、上記のようになっており、大きな違いがあります。

ドラママニア
韓国版主人公のテサンはトラウマが原因で殺人を犯せないのに対し、日本版主人公の結城は殺人未遂で服役した過去を持っています。

結城がどのような経緯で殺人未遂を起こしたのか、はたまた無実の罪なのか詳細がわからないので気になるところですね。

 

韓国版との違い② 三浦春馬さん主演日本版のオリジナルストーリー展開

韓国版原作ではテサンの逃亡劇が中心に描かれていました。

しかし、日本版では結城が起こしたとされる事件を捜索する検事・月島楓役を演じる芳根京子さんからの視点も織り交ぜながら物語が進んでいきます。

楓の過去や父親に関するストーリー、楓の心の動きなどが、韓国版よりも深く掘り下げて描かれる可能性がありますね。

ドラママニア
韓国版とは違い、どのような日本版のオリジナルストーリーが展開されるのか注目ですね!

 

韓国版との違い③ 結城大地と月島楓の恋が描かれる?!

ヒロインとして月島楓役の芳根京子さんが「TWO WEEKS」に出演することが発表されました。

韓国版では比嘉愛未さんが演じる青柳すみれと主人公・結城との関係がどのようになるのかという点で恋模様を描いていたようです。

しかし、日本版ではヒロインを芳根京子さんが演じる月島楓と設定している以上、結城と楓の関係が描かれる可能性が大いにあると考えられます。

ドラマ「TWO WEEKS」韓国版と日本版との違い

韓国版との違い①:主人公の設定の違い

韓国版との違い②:楓視点も描かれる日本版のオリジナルストーリー展開

韓国版との違い③:結城大地と月島楓の恋が描かれる?!

 

ドラマ「TWO WEEKS」|まとめ

以上、ドラマ「TWO WEEKS」のネタバレ情報でした。

三浦春馬さんが主演を務める「TWO WEEKS」は2019年7月16日夜9時からフジテレビ系で放送されます。

韓国ドラマを日本版として幾つかリメイクされていますが、オリジナルの「TWO WEEKS」は韓国ではもちろん日本でも人気を集めたようです。

韓国版は全16話だったので多少ストーリーに違いはあるかもしれませんが、日本版「TWO WEEKS」でも熱く人気のあるドラマとなってほしいですね!

ラストのネタバレを読んでしまってからでも、どのようにそこまで行き着くのか気になるところです。

結城という逃亡犯役は韓国版ではアクションシーンもあったようです!

日本版でもあると思われますので、三浦春馬さんならきっと格好よく魅せてくれるのではないでしょうか。

【三浦春馬主演】TWO WEEKSの見逃し動画配信サービス一覧とあらすじ紹介

2019年6月25日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です