【無料視聴】ドラマ|それでも生きてゆくの動画を1話から最終話まで観る方法

『それでも生きてゆく』は、瑛太さんと満島ひかりさんのダブル主演で、2011年7月から2011年9月までフジテレビ系列で放送されたテレビドラマです。

満島ひかりさんが連ドラ初主演となる今作品は、深い悲しみを抱えた男女が前向きに生きようとする姿を描いています。

そんな『それでも生きてゆく』の動画配信状況や再放送情報を調べてみました。

動画配信マニア
動画を無料で観る方法や、DVD情報もまとめて紹介するよ~。

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『それでも生きてゆく』の動画を今すぐFODで無料視聴する 

『それでも生きてゆく』の動画を無料視聴する方法

後ほど他サービスの配信結果や再放送情報をお伝えしますが、まずは公式で『それでも生きてゆく』の動画を無料で観る方法について、結論をまとめます。

『それでも生きてゆく』の動画を今すぐ観るなら

FODプレミアム(2週間の無料お試し期間あり)

『それでも生きてゆく』の動画を配信しているサービスは、「FODプレミアム」のみとなっています。

FODプレミアムは2週間の無料お試し期間があり、4万本以上のタイトル種類がたいへん豊富なので、他作品も数多く楽しむことができます。

またフジテレビ系列の過去ドラマを積極的に配信しており、最新ドラマの見逃し動画も、見放題で視聴することが可能です。

FODプレミアムのおすすめポイント

  1. 期間内に解約すれば、料金は一切かからない
  2. フジテレビ系列のドラマ配信に強く、4万本以上のタイトルがあり種類も豊富
  3. 最新ドラマの見逃し動画も積極的に配信している
  4. 動画だけでなく、人気の雑誌など、追加料金なしで書籍も読み放題
  5. 毎月1300ポイントをもらえる

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『それでも生きてゆく』の動画を今すぐFODで無料視聴する 

配信サービスの一覧については、次の項でくわしくご紹介します。

『それでも生きてゆく』の動画配信サービス一覧

ドラマに強い評判の良いサービスに絞り、『それでも生きてゆく』がどこで配信されているかリサーチしてみました。
※配信チェック:2020年5月18日

動画配信サービス配信状況視聴メモ

見放題で配信中!
2週間の無料期間あり

今すぐ視聴可能

×

配信なし

×

配信なし


×

配信なし


×

配信なし

×

配信なし


×

配信なし


DVD宅配レンタル
16枚まで1か月の無料お試し期間あり
今すぐネット注文可能

冒頭でもお伝えしましたが、『それでも生きてゆく』の動画を配信しているのは「FODプレミアム」のみとなっています。

動画配信マニア
フジテレビ系列のドラマだから、FODが独占している可能性が高いね~。

他サービスでも今後配信される可能性は0ではないですが、フジテレビ系列のドラマは基本的にFODで配信される傾向が強く、他サービスで配信されたとしても、ポイント制となって1話ごとに課金しなければならないケースがあります。

無料お試し期間中に気兼ねなく、今すぐに『それでも生きてゆく』の動画を楽しみたい方は、FODプレミアムでの視聴をおすすめします。

登録は3分ほどで済みますので、さくっと済ませてしまいましょう。

「FODプレミアム」の登録方法はこちら

【登録の流れ】

  1. 会員登録ページにとび、「今すぐはじめる」をクリック

  2. 支払い方法ページにとび、「Amazon pay」を選択
    ※普段Amazonで買い物しているアカウントでOK!アカウントを持っていない場合も、Amazonアカウントは簡単に登録することができますよ。
  3. 「利用規約」にチェックを入れて、「決済サービスにログインする」をクリック

  4. 「お支払いにAmazon payを利用する」にチェックを入れて、「この内容で登録する」をクリックすれば、登録完了!

⇔横にスクロールしてね⇔

 

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『それでも生きてゆく』の動画を今すぐFODで無料視聴する 

無料期間中に『FODプレミアム』を楽しむプラン紹介

①まずは『それでも生きてゆく』の全話を一気観する!

今回ご紹介した『それでも生きてゆく』を、まずは全話一気に観てしまいましょう!

検索ボックスにて作品名を入力すれば、対象のドラマが表示されるので、そこからすぐに視聴することが可能です。

②他作品も、惜しみなく観まくる!

「FODプレミアム」は他ドラマや映画の作品も豊富です。

この機会に、気になる作品があれば無料期間中にすべて観てしまいましょう!

例えば、『それでも生きてゆく』と似たような作品や、『それでも生きてゆく』に出演している、瑛太さんの他作品などですと、下記のようなタイトルが配信されています。

『それでも生きてゆく』を観たあとに、チェックしたいFOD作品

【無料視聴】ドラマ|アンフェアの動画を映画含め全シリーズ観る方法

2020年5月6日

ぜひ参考までにチェックしてみてください!

③無料期間内に解約手続きをする

「FODプレミアム」は、無料期間が終了すると、月額料金が発生します。

きちんと解約すれば、料金は一切発生しないので、必ず期間内に対応を済ませてしまいましょう!

とある女性
無料で観れるのはわかったけど、その後ちゃんと解約できるか不安だな。。

解約は1分ほどで簡単にできます!下記に手順をのせておくので、参考までにチェックしておいてください。

【解約の流れ】

  1. TOPページの「メニュー」タブをクリック(アプリから解約はできないので、必ずサイトにログインしてご対応ください)

  2. 「月額コースの確認・解約」をクリック

  3. 月額コースの確認画面にて、「解約」をクリック

  4. 「本当に解約してよろしいですか?」と再度聞かれるので、「解約する」をクリックし、解約完了となります!

⇔横にスクロールしてね⇔

 

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『それでも生きてゆく』の動画を今すぐFODで無料視聴する 

「FODプレミアム」のサービス概要

簡単に、「FODプレミアム」のサービスについてご紹介します。

サービス名FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)
作品数40,000作品以上
月額料金888円(税抜き)※ポイント含む
無料お試し期間2週間

「FODプレミアム」は、フジテレビが運営する動画配信サービスです。

テレビで放送中の番組の無料配信をはじめ、バラエティ、ドラマ、アニメ、映画など40,000本以上の動画作品を配信しています。

話題のマンガや雑誌など、電子書籍のラインナップも20,000冊以上と豊富で、動画配信サービス以外の面も充実していることも特徴です。

「FODプレアム」は、動画配信サービスとしては後発なものの、会員も増えてきているのが現状です。

とある女性
動画配信サービスってたくさんあるけど、FODって他社と比べてどう違うのかな??
動画配信マニア
ズバリ!フジテレビ系のドラマ作品を多く配信していることと、無料期間中でもポイントをもらえることが特徴かな。
「FODプレミアム」の特徴
  1. フジテレビの作品が全話見放題で観れる

    フジテレビといえば、やはり「月9」ドラマ。80年代「トレンディドラマ」と呼ばれて時代を牽引したのはフジのドラマでした。多くの話題作を生んだ過去作品を、見放題で観るだけでも価値はあるでしょう。

  2. 毎月ポイントがもらえるため、有料作品も無料で観れる
    会員登録すると、最大1,300ポイントが付与されます。見放題作品以外の作品ですとポイントを使用することになりますが、この毎月付与されるポイントを利用して、有料作品を実質無料で観ることができます。毎月ここまで多くのポイントがもらえるサービスは珍しいです。

  3. 電子書籍版の雑誌数がトップクラス
    電子書籍サービスは、他サービスでも展開されており、例えばU-NEXTにも同様のサービス(71誌読み放題)がありますが、FODプレミアムはなんと100誌以上が読み放題。また、対象のマンガが無料で読めたりもします。
とある女性
他サービスで配信してるフジ作品は、有料のケースがあるけど、そういう面だとFODは気兼ねなく動画を楽しめるのね。
「FODプレミアム」のデメリット
  1. TVで視聴することができない
    PC、スマホ、タブレットではもちろん視聴できますが、TVでの視聴でできないサービスのため、大画面で観たい!という方には不向きかもしれません。

  2. フジテレビ作品に興味がないと物足りない
    フジテレビ作品以外のタイトル数でいうと、他サービスに劣る傾向があるため、それ以外の作品を幅広く楽しむには、正直物足りなさが否めません。
動画配信マニア
FODは、『フジテレビ作品を観たい人』、『雑誌を読みたい人』、『テレビで観る必要がない人』におすすめのサービスかな!

違法動画を観るリスクについて

違法にアップロードされた動画で、ドラマを楽しむこともできますが、そのような完全無料の違法動画サイトは、架空請求の広告やウィルスによる住所や、クレジットカード情報など個人情報漏えいの恐れがあります。

アップされたとしてもすぐに削除される可能性が高いですし、下記のような様々な危険性があるため、そのようなサイトで動画を視聴するのは、おすすめできません。

【違法動画を視聴するデメリット】

・ウィルス感染の危険性がある

・卑猥な広告が表示される

・画質が粗く観づらい

・途中リンク切れで動画が観られなくなる

・音声と画像がズレれているケースがある

・ストリーミングに時間がかかる

・「フィッシング広告」でフィッシングの被害に遭う
とある女性
違法にアップされた動画は、ちょっと怖いかも。。

安全かつ合法にアップされている動画を無料で視聴できるのであれば、リスクを犯してまで違法動画で観るより、動画配信サービスなどで観ることをオススメします。

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『それでも生きてゆく』の動画を今すぐFODで無料視聴する 

 

『それでも生きてゆく』のDVD情報

『それでも生きてゆく』をDVDで視聴したい!という方は、TSUTAYA DISCASをおすすめします。

「TSUTAYA DISCAS」とは、TSUTAYAの宅配レンタルサービスのことで、自宅からDVDを注文して家まで届けてくれるサービスになっています。

今なら1ヶ月の無料お試し期間があるので、1ヶ月以内にDVDをレンタルして返却して解約すれば、料金は一切発生致しません。(※DVD16枚までの上限あり)

TSUTAYA DISCASのおすすめポイント

  1. 入会後30日間は、最大16枚まで無料でレンタルできる
  2. 無料期間内に解約すれば料金は0円
  3. お目当てのDVDをネットですぐ見つけられる
  4. 自宅まで届くため店に行かなくても良い
  5. 「TSUTAYA TV」の動画配信サービスも同時に受けられる
動画配信マニア
「TSUTAYA DISCAS」は自宅までDVDを届けてくれるから楽だね~。お試し期間中に最大16枚まで無料でレンタルできるし、その後の解約方法もカンタンだよ。

「それでも生きてゆく」は全話6枚ですので、無料お試し期間中にすべてレンタルすることできます。

TSUTAYA DISCASの無料お試しサービスは、DVDレンタルのサービスだけでなく、「TSUTAYA TV」という動画配信サービスもセットで利用できるので、ぜひこの機会にまるっとトライしてみても良いかもしれませんね。

↓30日間の無料お試し期間あり!↓

『それでも生きてゆく』のDVDを今すぐ無料レンタルする 

「サービスの詳細は理解できたけど、ちゃんと解約できるか不安。。」という方は、解約方法も画像つきで詳しくまとめているので、下記もあわせてご確認ください。

【解約の流れ】

  1. TOPページの「マイメニュー」をクリック(アプリから解約はできないので、必ずサイトにログインしてご対応ください)

  2. 「登録情報の確認」をクリック

  3. 「メニュー一覧」を開き、「サービス解除申請」をクリック

  4. 注意事項にすべてチェックを入れて、「次へ」をクリック

  5. アンケート(任意)を埋め、「申請を完了する」をクリックすれば、解約完了です!

⇔横にスクロールしてね⇔


なお、その他の瑛太さん出演作品ですと、下記のような作品もレンタルできますので、ぜひ残り枚数をレンタルする際の参考にしてみてください。

『それでも生きてゆく』と一緒にレンタルしたい作品候補


・『友罪』

・『土竜の唄 香港狂騒曲』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『まほろ駅前多田便利軒』

・『殿、利息でござる!』

・『僕達急行 A列車で行こう』

DVDの販売状況

「それでも生きてゆく」のDVD-BOXの販売状況を調査したところ、ディレクターズカット版DVDがAmazonにて新品で¥19,730、古品で¥17,580にて販売されていることが分かりました。

いつでも『それでも生きてゆく』を観たい方やファンの方は、この機会にDVDを購入されても良いかもしれませんね。

 

『それでも生きてゆく』の再放送情報

『それでも生きてゆく』の再放送について、フジテレビ公式サイトを確認してみましたが、残念ながら今後の再放送についての情報を確認することができませんでした。
※2020年5月18日調べ

フジテレビのCS放送であるONE TWO NEXTも調べてみましたが、次回の再放送予定は未定となっています。

過去の再放送履歴を調査

Twitterに再放送の情報がないか調査したところ、2018年3月1日からフジテレビ系CS番組のフジテレビNEXTで再放送していた情報が見つかりました。

その他様々なサイトから収集した情報をもとに、放送月や放送局など確認できたものだけ再放送履歴をまとめてみました。

『それでも生きてゆく』の再放送履歴まとめ


再放送①:2013年6月〜 放送局不明

再放送②:2017年3月〜 フジテレビ系CS番組

再放送③:2018年3月1日〜 フジテレビNEXT

今後の再放送:現時点で未定


2013年頃までは地方で再放送されていたようですが、近年ではCS放送での再放送しかされていないようです。

今後の再放送に関しては未定ですし、CS放送での再放送の場合は、加入していない方が視聴するには費用が発生してしまいます。

最近はドラマの再放送自体が少なくなっており、地上波で再放送は行われておらず、各局が運営する動画配信サイトや、専門チャンネル等での再放送が主になってきているようなので、『それでも生きてゆく』も地上波で再放送される見込みは薄いのではないかと考えられます。

なので「それでも生きてゆく」の動画を今すぐ観たい!という方は、地上波での再放送を期待して待つよりも、動画配信サービスや、DVDレンタルを利用することをおすすめします。

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『それでも生きてゆく』の動画を今すぐFODで無料視聴する 

 

『それでも生きてゆく』のあらすじ

『それでも生きてゆく』のあらすじをご紹介します。

深見洋貴(瑛太)は、湖畔の釣り船屋「ふかみ」で父を手伝いながら暮らしている。
洋貴には妹がいたが、15年前に洋貴の友人によって殺害されてしまった。
洋貴はもう妹の顔をはっきりと思い出せなくなっていた・・・。
そして、15年前の悲劇で洋貴の家族は崩壊してしまった。

ある日、洋貴の前に見慣れぬ女性・遠山双葉(満島ひかり)が現れて、自殺志願者と洋貴は勘違い。
そして、なぜか双葉に妹が殺害されてしまったこと、犯人は自身の友人だったことを話した。

双葉は洋貴の話を聞き、いたたまれなくなった。
洋貴の妹を殺害したのは、双葉の兄・文哉(風間俊介)だった・・・。

家族を失った洋貴と、殺人犯の家族として迫害されていた双葉、悲しい過去を背負った男女が、明日への希望を見出して生きる姿を描いたストーリー。

第1話のあらすじ「禁断の出逢い・・・」

湖畔の釣り船屋『ふかみ』。深見洋貴(瑛太)は、ここで父の達彦(柄本明)を手伝いながら暮らしている。翌日は、15年前に亡くした妹、亜季(信太真妃)の誕生日。洋貴は亜季の顔をはっきりと思い出せなくなっていた。そんな時、達彦が倒れてしまう。
遠山双葉(満島ひかり)は婚約者から別れを告げられて帰宅。双葉の家族は、15年前から名字を三崎から母、隆美(風吹ジュン)の旧姓に変えていた。父の駿輔(時任三郎)だけが三崎を名乗っていたためか、家族は執拗な中傷に追い続けられ、耐え難い現実に双葉は行動を起こす。
達彦は重い病に冒されていた。洋貴が病院から夕暮れの釣り船屋に戻ると見慣れぬ女性、双葉がいた。洋貴は双葉を自殺志願者ではと警戒。空腹を訴える双葉のために洋貴が食料を買い出しに行こうとすると、弟の日垣耕平(田中圭)が車で達彦を連れて来た。達彦は病院を抜け出し、別れた妻、野本響子(大竹しのぶ)に会いに行ったらしい。会わせなかったと言う耕平は、達彦を洋貴に託して帰る。洋貴の家族は15年前の悲劇でバラバラになっていた。
達彦を落ち着かせた洋貴は、双葉とファミリーレストランへ。そこで洋貴は、15年前の悲劇・・・妹の亜季が殺害されたことを話す。犯人は洋貴の友人だった。洋貴がなぜか話す気になった亜季の殺害状況を淡々と語っていると、双葉はいたたまれずに店を出る。亜季を殺したのは双葉の兄、文哉(風間俊介)だった。

第2話のあらすじ「想い、絶たれて・・・」

深見洋貴(瑛太)は三崎文哉(風間俊介)を見つけるのだが、遠山(三崎)双葉(満島ひかり)が「逃げて」と声を上げたため見失ってしまう。その時、洋貴の上着の中にはナイフが忍ばされていた。双葉は洋貴に文哉の妹だと明かす。洋貴はなぜ今まで文哉の居場所を探さなかったのかと問うが、双葉には答えられない。放っておいたら、さらに犠牲者が出るという洋貴を双葉は否定してしまう。敵だと宣言して立ち去ろうとする洋貴は、双葉から連絡先を書いたメモを渡されるが受け取らなかった。
双葉の家族は嫌がらせから逃れるため、またしても引っ越す。引っ越し先に着いた途端、警官が来た。付近で小学生の女の子が行方不明になっていたのだ。双葉に、洋貴から言われた言葉がよみがえる。
父、達彦(柄本明)の葬儀を終えた洋貴は、耕平(田中圭)が養子に入った家に誘われる。そこでは、母の響子(大竹しのぶ)も暮らしていた。洋貴は耕平から文哉と会ったことは話すなと口止めされたのだが、つい話そうとしてしまう。気まずい雰囲気から帰ろうとした洋貴は、車に乗るときに双葉から渡されたメモを見つける。
釣り船屋に双葉が来た。洋貴が呼び出したのだった・・・。

第3話のあらすじ「お母さんだから・・・」

祭りの夜、深見洋貴(瑛太)と遠山双葉(満島ひかり)は、洋貴の母・響子(大竹しのぶ)、と弟の耕平(田中圭)の嫁・日垣由佳(村川絵梨)と出くわしてしまう。洋貴は双葉に響子を母だと紹介。しかし、響子の動揺を恐れた洋貴は、双葉が何者かは言わなかった。再び2人になると、洋貴は響子が自分を許していないと双葉に話す。そんな洋貴に、双葉は自分の家族が嫌がらせを受けていると打ち明けた。知り合うまでは洋貴を疑っていたという双葉。洋貴には、嫌な予感が走る。
遠山家は引っ越したのだが、嫌がらせが終わる気配はない。そんな時、バイトの面接帰りに双葉は響子と会い、ボウリングに誘われる。
その頃、洋貴は耕平から、響子がおかしな行動をとっていることを教えられる。
耕平が帰った後、湖でつり客の世話をした洋貴が店に戻ると双葉と響子が来ていた。洋貴は双葉を帰らせると、今度は響子におかしな行動はやめるように言う。しかし、響子はやめるわけないと言い放って出て行ってしまう。
店の近くで佇んでいた双葉は、再び響子と会う。そしてバスを待つベンチで双葉は、響子が抱える、亡き娘への思いを知る事に・・・。

第4話のあらすじ「明かされた真実・・・」

深見洋貴(瑛太)は、遠山(三崎)双葉(満島ひかり)と彼女の家族が事件当時に住んでいた家の跡地で果物を見つける。それは、東京で2人が雨宮健二=三崎文哉(風間俊介)を見た時に、彼が残していった果物と同じ。洋貴は、文哉がつい最近ここに訪れたことを確信するが、双葉は否定的だった。
洋貴と双葉が釣り船屋に行くと、野本(深見)響子(大竹しのぶ)が来ていた。響子の様子がおかしい。響子は、双葉が遠山家の娘だと知っていた。興信所で教えられた住所をたどって、遠山家を訪ねていたのだ。双葉が帰ると、響子は事件当時の遠山家の様子を洋貴に話す。
双葉は深見の人々と会っている事を、家族に明かす。父の駿輔(時任三郎)、母の隆美(風吹ジュン)は過敏な反応を示した。妹の灯里(福田麻由子)が嫌がらせを警察に訴えようと言うのを、自分たちは加害者家族なのだと双葉が止める。すると、隆美が生まれる前の灯里に事件は関係ないとかばう。隆美の言い方に引っかかりながらも、双葉は深見家への謝罪を促すのだが、駿輔たちは取り合おうとしない。
出かけようとした駿輔は、双葉が拾った果物を見つけて日向夏だと教える。送ってもらう車の中で、双葉は東京で文哉を見た事を駿輔に話した。駿輔も数年前に文哉と会ったと言う。そして、駿輔は人を殺してしまった息子・・・文哉への思いを話しだす。

第5話のあらすじ「居場所を求めて・・・」

深見洋貴(瑛太)は釣り船屋『ふかみ』で、藤村五月(倉科カナ)に医療少年院で三崎文哉=雨宮健二(風間俊介)の担当看護師だった東雪恵が行方不明になっていることを話す。事件性を疑う洋貴に、五月は文哉探しの協力を申し出た。そこに、遠山(三崎)双葉(満島ひかり)が現れる。自分と文哉の出生の秘密を知ってしまった双葉は、行き場所を失ってやって来たのだ。その夜『ふかみ』に泊まる事になると、五月は双葉の洋貴への気持ちを探ろうとする。
その頃、文哉は自分の過去を知る臼井紗歩(安藤サクラ)を車で連れ出していた。ひたすら森の闇に車を走らせる文哉に紗歩は恐怖をつのらせる。翌朝は朝早く起きなければならないと訴える紗歩に、文哉は・・・明日が来ると思っているのか?・・・と、冷たく言い放った。
夜が明けると、五月は東京に帰った。昨晩は寝付けなかったと、遅く起きた双葉が帰ろうとすると駿輔(時任三郎)が洋貴を訪ねてきた。改めて挨拶をしに来たと言う駿輔を洋貴は達彦(柄本明)の部屋へ通した。駿輔は響子(大竹しのぶ)に謝罪させて欲しいと洋貴に頼み、文哉も見つけ出すと約束する。すると洋貴は文哉が描いた絵を駿輔に見せた。文哉に反省の意志はないと突きつける洋貴に、駿輔は言葉を失う。
うたた寝をしていた双葉を促し帰ろうとする駿輔。双葉が自分と文哉を産んだ母のことを尋ねると、駿輔は死んだと答えた。2人の会話を洋貴が聞いてしまう。

第6話のあらすじ「招かれざる客」

深見洋貴(瑛太)の母、響子(大竹しのぶ)は亜季(信太真妃)の死亡時の足跡をたどり、娘への思いを再確認。耕平(田中圭)と一緒に住んでいた日垣家を出て三崎文哉=雨宮健二(風間俊介)を探すため洋貴が暮らす釣り船屋『ふかみ』に身を移した。そんな時、遠山(三崎)隆美(風吹ジュン)が来る。家出した双葉(満島ひかり)を探しに来た隆美なのだが、響子と顔を遇わせてしまった。すると隆美の携帯電話に連絡が入り、駿輔(時任三郎)も来る事になる。駿輔と隆美は、響子に謝罪しようとするのだが会話が上手く噛み合わない。結局、謝罪の言葉を伝える事は出来なかった。
一方、双葉は祖母のいる介護アパートで文哉に再会。文哉が帰ろうとすると双葉は一緒に連れて行って欲しいと頼み動物園へ。そこで文哉は小さな島に住みたいと言う。その島は文哉と双葉の母親が産まれた場所だった。一緒に行くかと問う文哉に、双葉はうなずく。文哉は翌日の出発を約束して双葉と別れた。
洋貴は藤村五月(倉科カナ)から東雪恵(酒井若菜)が生きていたと連絡を受ける。早速2人は雪恵の母親に会い、勤め先を聞き出した。雪恵の仕事が終わるのを待つ間、洋貴は五月と別行動。その時、洋貴はようやく双葉と連絡がついた。カラオケ店で、双葉は洋貴に文哉と会ったと話しだすのだが・・・。

第7話のあらすじ「心の闇について・・・」

深見洋貴(瑛太)は藤村五月(倉科カナ)と会いに行った東雪恵(酒井若菜)を、雨宮健二=三崎文哉(風間俊介)の話を聞くために釣り船屋『ふかみ』へと連れていく。ちょうど『ふかみ』には日垣耕平(田中圭)も来ていて、野本(深見)響子(大竹しのぶ)と一緒に雪恵の話を聞く事になった。雪恵が語る医療少年院での文哉との出会いから別れまでの話は、洋貴たちに衝撃を与える。また、雪恵は文哉が現在、千葉の果樹園で働いていることも教えてくれた。
果樹園では文哉が幼女を手にかけたと知った草間真岐(佐藤江梨子)が、落ち着かせようとする父・五郎(小野武彦)の言葉も聞かずに激しく怯えていた。真岐にも小さな娘・悠里(原涼子)がいたからだ。
そんな時、文哉の居場所を知った駿輔(時任三郎)から連絡があり、五郎は会いに行くため果樹園を留守にする。その間、真岐が目を離したすきに悠里の姿が消えた。真岐は文哉を疑い部屋に行くのだが、悠里はいない。そこで真岐は文哉に詰め寄るが答えはなかった。悠里を求めて、外へと飛び出す真岐。
実は悠里は臼井紗歩(安藤サクラ)と果樹園で遊んでいた。そんな2人に、近づいて来たのは・・・。

第8話のあらすじ「それぞれの覚悟・・・」

深見洋貴(瑛太)と日垣耕平(田中圭)が三崎文哉(風間俊介)が働いているという果樹園に向かっている頃、その果樹園で新たな事件が発覚。草間五郎(小野武彦)が文哉に会いたいという駿輔(時任三郎)を果樹園に連れて行くと、娘の真岐(佐藤江梨子)が倒れていたのだ。動揺する五郎に変わって、駿輔が救急車を呼ぶ。付近に文哉の姿はなかった。五郎が真岐に付き添った救急車が出て行くと、臼井紗歩(安藤サクラ)が現れる。呆然としている駿輔に、紗歩は文哉の仕業だと言い放った。その後、ようやく到着した洋貴たちに、駿輔は果樹園で起きた事を話す。
洋貴たちを釣り船屋『ふかみ』から送り出した野本(深見)響子(大竹しのぶ)は遠山(三崎)双葉(満島ひかり)と連絡を待っていた。と、双葉の携帯が着信。電話は文哉からだった。双葉は文哉に会いたいと話すのだが、お前が嫌だと言うからこんなことになったと電話を切られてしまう。双葉がショックを受けていると、店の電話が鳴る。それは、耕平から果樹園での出来事を知らせるものだった。一方、駿輔も隆美(風吹ジュン)に電話して、15年前のことも考え、灯里(福田麻由子)と家を出る準備をするよう促す。
真岐の容態は重篤だった。救急隊からの報せを受けた警察も捜査に乗り出すが、文哉の足取りは不明。その頃文哉は、ある場所へと向かっていた。

第9話のあらすじ「心はどこにある?」

深見洋貴(瑛太)が、三崎文哉(風間俊介)が新たに事件を起こした千葉から遠山(三崎)双葉(満島ひかり)を車で家に送ろうとしている頃、釣り船屋『ふかみ』では激しい攻防が繰り広げられていた。双葉を求めて訪ねて来た文哉と、息子の日垣耕平(田中圭)の妻、由佳(村川絵梨)と孫を守ろうとする野本(深見)響子(大竹しのぶ)が争っていたのだ。家具で文哉を殴り倒した響子は、どうして亜季(信太真妃)だったのかと積年の問いをぶつける。文哉はふらふらと立ち上がりながら、たまたま道で会った、誰でもよかったと言って店を出て行ってしまう。響子からの連絡で洋貴は双葉も伴って『ふかみ』に急いで戻って来た。意外にも落ち着いている様子の響子に安堵した洋貴は、双葉を遠山家へ送って行く事に。
一方、警察署で聴取を受けていた駿輔(時任三郎)は文哉を逮捕して欲しいと懇願していた。だが、駿輔が留守にしている遠山家には『ふかみ』から離れた文哉が訪ねていようとは思ってもいない。遠山家で隆美(風吹ジュン)と灯里(福田麻由子)が文哉に対応していると洋貴に送られた双葉が帰って来た。そのまま来た道を帰ろうとする洋貴に、双葉から文哉がいるとメールが入る。すぐさま車を反転させ、再び遠山家に向かう洋貴。遠山家では、双葉に続いて帰って来た駿輔が文哉に自首を促していたのだが・・・。

第10話のあらすじ「対決の果てに」

深見洋貴(瑛太)は三崎駿輔(時任三郎)から三崎文哉(風間俊介)の亡くなった母の出身地を聞き、広島行きの新幹線に乗る。その頃、すでに遠山(三崎)双葉(満島ひかり)は、その地で文哉を探していた。
駿輔は隆美(風吹ジュン)、灯里(福田麻由子)と別居し、果樹園の草間五郎(小野武彦)のもとに謝罪のため足を運ぶのだが、会ってはもらえない。
目的地に着いた洋貴は双葉を見つける。洋貴は、自分の車から持ち出した凶器を返すよう双葉を説得。初めは拒否した双葉だが、もし凶器を使う時が来たら共犯者になるということで了承した。
文哉は亡き母の親戚の家で写真を探していた。家中をひっくり返して写真を探す文哉の異様さに親戚は警察に連絡。自殺すると文哉が家を出て行った後に、警官に説明する親戚たちの話を洋貴と双葉が聞きつけた。
加害者家族として顔写真がタブロイド紙に掲載されてしまった隆美と灯里。15年前のことを知らなかった灯里は激しく絶望してしまう。そんな母子が暮らすアパートを野本(深見)響子(大竹しのぶ)が訪ねて来た。一方、ようやく五郎に会ってもらえた駿輔は、真岐(佐藤江梨子)が入院する病院に連れて行かれて厳しい現実を突きつけられてしまう。
文哉が自殺をほのめかしたことを知った双葉は、このまま死んでしまえば・・・と考えるのだった。

第11話のあらすじ「光の方に向かって・・・」

深見洋貴(瑛太)の目の前で三崎文哉(風間俊介)は逮捕された。亜季(信太真妃)を殺害したことに何の反省もせず、感情のかけらさえ見せない文哉を殴り続けた遠山(三崎)双葉(満島ひかり)は拳から血を流している。警察署の医務室で治療を受けた双葉は文哉の自殺を止めなければ良かったと後悔するのだが、洋貴はこれからの自分たちを考えようと語った。
釣り船屋『ふかみ』に戻った洋貴は、藤村五月(倉科カナ)に今回の出来事を報告。五月は文哉に面会して反省を促すよう洋貴に勧める。しかし、洋貴は終わったことだと首を横にふった。
洋貴は野本(深見)響子(大竹しのぶ)、日垣耕平(田中圭)と一緒に、達彦(柄本明)と亜季が眠る墓に報告に向かう。そこには、双葉、隆美(風吹ジュン)、灯里(福田麻由子)の姿もあった。響子が呼んだのだ。墓参りが済むと、洋貴と双葉は2人だけで話す機会を得る。そこで洋貴はずっと一緒にいたいと双葉への想いを打ち明けるのだったが、双葉はすでにある決意を胸に秘めていた・・・。

出展:FODより

 

まとめ

以上、『それでも生きてゆく』の動画配信まとめや、再放送情報についてでした。

現状では再放送の予定もなく、近年では地上波での再放送はほとんどされていないようですが、FODプレミアムの無料お試しキャンペーンに登録すれば今すぐ視聴することができます!

FODプレミアムであれば、フジテレビ系列のドラマはほとんど視聴できますし、満島ひかりさん出演の映画「愚行連」や瑛太さん出演のドラマ「最高の離婚」などを観ることもできますよ。

自分の好きな時間にストレスなく高画質で動画を視聴するには、これらのサービスを利用してみるのが一番ですので、ぜひこの機会に一度トライしてみてはいかがでしょうか。

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『それでも生きてゆく』の動画を今すぐFODで無料視聴する 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です