【無料視聴】ドラマ|海月姫の動画を映画含め1話から最終話まで観る方法

『海月姫』は、2018年1月にフジテレビ系列で放送された芳根京子さん主演のドラマです。

2014年には、のんさん主演で映画が公開されていたこともあり、作品を知っていた方も多いのではないでしょうか。

映画で鯉淵蔵之介役を務めた菅田将暉さんや、ドラマで鯉淵蔵之介役を務めた瀬戸康史さんの女装姿がキレイと非常に話題になりました。

そんな『海月姫』の動画配信状況や再放送情報を調べてみました。

動画配信マニア
動画を無料で観る方法や、DVD情報もまとめて紹介するよ~。

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『海月姫』の動画を今すぐFODで無料視聴する 

『海月姫』の動画を無料視聴する方法

後ほど他サービスの配信結果や再放送情報をお伝えしますが、まずは公式で『海月姫』の動画を無料で観る方法について、結論をまとめます。

『海月姫』の動画を今すぐ観るなら

FODプレミアム(2週間の無料お試し期間あり)

『海月姫』の動画を配信しているサービスは、「FODプレミアム」のみとなっています。

「FODプレミアム」は2週間の無料お試し期間があり、4万本以上のタイトル種類がたいへん豊富なので、他作品も数多く楽しむことができます。

またフジテレビ系列の過去ドラマを積極的に配信しており、最新ドラマの見逃し動画も、見放題で視聴することが可能です。

ちなみに映画版『海月姫』も、「FODプレミアム」で見放題配信となっているので、ぜひこの機会にまるっと視聴してみはいかがでしょうか。

FODプレミアムのおすすめポイント

  1. 期間内に解約すれば、料金は一切かからない
  2. フジテレビ系列のドラマ配信に強く、4万本以上のタイトルがあり種類も豊富
  3. 最新ドラマの見逃し動画も積極的に配信している
  4. 動画だけでなく、人気の雑誌など、追加料金なしで書籍も読み放題
  5. 毎月1300ポイントをもらえる

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『海月姫』の動画を今すぐFODで無料視聴する 

配信サービスの一覧については、次の項でくわしくご紹介します。

『海月姫』の動画配信サービス一覧

ドラマに強い評判の良いサービスに絞り、『海月姫』がどこで配信されているかリサーチしてみました。
※配信チェック:2020年5月3日

動画配信サービス配信状況視聴メモ

見放題で配信中!
2週間の無料期間あり

初回600ポイント付与
映画版も見放題で配信中
今すぐ視聴可能

映画版のみ配信中

×

配信なし


×

配信なし


映画版のみ配信中

×

配信なし


映画版のみ有料で配信中


DVD宅配レンタル
16枚まで1か月の無料お試し期間あり
今すぐネット注文可能

冒頭でもお伝えしましたが、ドラマ版『海月姫』の動画を配信しているのは、「FODプレミアム」のみとなっています。

動画配信マニア
フジテレビ系列のドラマだから、FODが独占している可能性が高いね~。

他サービスでも今後配信される可能性は0ではないですが、フジテレビ系列のドラマは基本的にFODで配信される傾向が強く、他サービスで配信されたとしても、ポイント制となって1話ごとに課金しなければならないケースがあります。

無料お試し期間中に気兼ねなく、今すぐに『海月姫』の動画を楽しみたい方は、FODプレミアムでの視聴をおすすめします。

映画版『海月姫』もセットで配信されているので、ぜひ両作品を一緒に視聴してみてはいかがでしょうか。

登録は3分ほどで済みますので、さくっと済ませてしまいましょう。

「FODプレミアム」の登録方法はこちら

【登録の流れ】

  1. 会員登録ページにとび、「今すぐはじめる」をクリック

  2. 支払い方法ページにとび、「Amazon pay」を選択
    ※普段Amazonで買い物しているアカウントでOK!アカウントを持っていない場合も、Amazonアカウントは簡単に登録することができますよ。
  3. 「利用規約」にチェックを入れて、「決済サービスにログインする」をクリック

  4. 「お支払いにAmazon payを利用する」にチェックを入れて、「この内容で登録する」をクリックすれば、登録完了!

⇔横にスクロールしてね⇔

 

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『海月姫』の動画を今すぐFODで無料視聴する 

無料期間中に『FODプレミアム』を楽しむプラン紹介

①まずは『海月姫』の全話を一気観する!

今回ご紹介した『海月姫』を、まずは全話一気に観てしまいましょう!

検索ボックスにて作品名を入力すれば、対象のドラマが表示されるので、そこからすぐに視聴することが可能です。

②他作品も、惜しみなく観まくる!

「FODプレミアム」は他ドラマや映画の作品も豊富です。

この機会に、気になる作品があれば無料期間中にすべて観てしまいましょう!

例えば、『海月姫』と似たような作品や、『海月姫』に出演している、瀬戸康史さんの他作品などですと、下記のようなタイトルが配信されています。

『海月姫』を観たあとに、チェックしたいFOD作品

【無料視聴】ドラマ|オトメン(乙男)の動画を1話から最終話まで観る方法

2019年7月27日

ぜひ参考までにチェックしてみてください!

③無料期間内に解約手続きをする

「FODプレミアム」は、無料期間が終了すると、月額料金が発生します。

きちんと解約すれば、料金は一切発生しないので、必ず期間内に対応を済ませてしまいましょう!

とある女性
無料で観れるのはわかったけど、その後ちゃんと解約できるか不安だな。。

解約は1分ほどで簡単にできます!下記に手順をのせておくので、参考までにチェックしておいてください。

【解約の流れ】

  1. TOPページの「メニュー」タブをクリック(アプリから解約はできないので、必ずサイトにログインしてご対応ください)

  2. 「月額コースの確認・解約」をクリック

  3. 月額コースの確認画面にて、「解約」をクリック

  4. 「本当に解約してよろしいですか?」と再度聞かれるので、「解約する」をクリックし、解約完了となります!

⇔横にスクロールしてね⇔

 

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『海月姫』の動画を今すぐFODで無料視聴する 

「FODプレミアム」のサービス概要

簡単に、「FODプレミアム」のサービスについてご紹介します。

サービス名FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)
作品数40,000作品以上
月額料金888円(税抜き)※ポイント含む
無料お試し期間2週間

「FODプレミアム」は、フジテレビが運営する動画配信サービスです。

テレビで放送中の番組の無料配信をはじめ、バラエティ、ドラマ、アニメ、映画など40,000本以上の動画作品を配信しています。

話題のマンガや雑誌など、電子書籍のラインナップも20,000冊以上と豊富で、動画配信サービス以外の面も充実していることも特徴です。

「FODプレアム」は、動画配信サービスとしては後発なものの、会員も増えてきているのが現状です。

とある女性
動画配信サービスってたくさんあるけど、FODって他社と比べてどう違うのかな??
動画配信マニア
ズバリ!フジテレビ系のドラマ作品を多く配信していることと、無料期間中でもポイントをもらえることが特徴かな。
「FODプレミアム」の特徴
  1. フジテレビの作品が全話見放題で観れる

    フジテレビといえば、やはり「月9」ドラマ。80年代「トレンディドラマ」と呼ばれて時代を牽引したのはフジのドラマでした。多くの話題作を生んだ過去作品を、見放題で観るだけでも価値はあるでしょう。

  2. 毎月ポイントがもらえるため、有料作品も無料で観れる
    会員登録すると、最大1,300ポイントが付与されます。見放題作品以外の作品ですとポイントを使用することになりますが、この毎月付与されるポイントを利用して、有料作品を実質無料で観ることができます。毎月ここまで多くのポイントがもらえるサービスは珍しいです。

  3. 電子書籍版の雑誌数がトップクラス
    電子書籍サービスは、他サービスでも展開されており、例えばU-NEXTにも同様のサービス(71誌読み放題)がありますが、FODプレミアムはなんと100誌以上が読み放題。また、対象のマンガが無料で読めたりもします。
とある女性
他サービスで配信してるフジ作品は、有料のケースがあるけど、そういう面だとFODは気兼ねなく動画を楽しめるのね。
「FODプレミアム」のデメリット
  1. TVで視聴することができない
    PC、スマホ、タブレットではもちろん視聴できますが、TVでの視聴でできないサービスのため、大画面で観たい!という方には不向きかもしれません。

  2. フジテレビ作品に興味がないと物足りない
    フジテレビ作品以外のタイトル数でいうと、他サービスに劣る傾向があるため、それ以外の作品を幅広く楽しむには、正直物足りなさが否めません。
動画配信マニア
FODは、『フジテレビ作品を観たい人』、『雑誌を読みたい人』、『テレビで観る必要がない人』におすすめのサービスかな!

違法動画を観るリスクについて

違法にアップロードされた動画で、ドラマを楽しむこともできますが、そのような完全無料の違法動画サイトは、架空請求の広告やウィルスによる住所や、クレジットカード情報など個人情報漏えいの恐れがあります。

アップされたとしてもすぐに削除される可能性が高いですし、下記のような様々な危険性があるため、そのようなサイトで動画を視聴するのは、おすすめできません。

【違法動画を視聴するデメリット】

・ウィルス感染の危険性がある

・卑猥な広告が表示される

・画質が粗く観づらい

・途中リンク切れで動画が観られなくなる

・音声と画像がズレれているケースがある

・ストリーミングに時間がかかる

・「フィッシング広告」でフィッシングの被害に遭う
とある女性
違法にアップされた動画は、ちょっと怖いかも。。

安全かつ合法にアップされている動画を無料で視聴できるのであれば、リスクを犯してまで違法動画で観るより、動画配信サービスなどで観ることをオススメします。

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『海月姫』の動画を今すぐFODで無料視聴する 

 

『海月姫』のDVD情報

『海月姫』をDVDで視聴したい!という方は、TSUTAYA DISCASをおすすめします。

「TSUTAYA DISCAS」とは、TSUTAYAの宅配レンタルサービスのことで、自宅からDVDを注文して家まで届けてくれるサービスになっています。

今なら1ヶ月の無料お試し期間があるので、1ヶ月以内にDVDをレンタルして返却して解約すれば、料金は一切発生致しません。(※DVD16枚までの上限あり)

TSUTAYA DISCASのおすすめポイント

  1. 入会後30日間は、最大16枚まで無料でレンタルできる
  2. 無料期間内に解約すれば料金は0円
  3. お目当てのDVDをネットですぐ見つけられる
  4. 自宅まで届くため店に行かなくても良い
  5. 「TSUTAYA TV」の動画配信サービスも同時に受けられる
動画配信マニア
「TSUTAYA DISCAS」は自宅までDVDを届けてくれるから楽だね~。お試し期間中に最大16枚まで無料でレンタルできるし、その後の解約方法もカンタンだよ。

ドラマ『海月姫』は全話5枚、映画『海月姫』は1枚、合計で6枚ですので、無料お試し期間中にすべてレンタルすることができます。

「TSUTAYA DISCAS」の無料お試しサービスは、DVDレンタルのサービスだけでなく、「TSUTAYA TV」という動画配信サービスもセットで利用できるので、ぜひこの機会にまるっとトライしてみても良いかもしれませんね。

↓30日間の無料お試し期間あり!↓

『海月姫』のDVDを今すぐ無料レンタルする 

「サービスの詳細は理解できたけど、ちゃんと解約できるか不安。。」という方は、解約方法も画像つきで詳しくまとめているので、下記もあわせてご確認ください。

【解約の流れ】

  1. TOPページの「マイメニュー」をクリック(アプリから解約はできないので、必ずサイトにログインしてご対応ください)

  2. 「登録情報の確認」をクリック

  3. 「メニュー一覧」を開き、「サービス解除申請」をクリック

  4. 注意事項にすべてチェックを入れて、「次へ」をクリック

  5. アンケート(任意)を埋め、「申請を完了する」をクリックすれば、解約完了です!

⇔横にスクロールしてね⇔


なお、その他の芳根京子さん出演作品ですと、下記のような作品もレンタルできますので、ぜひ残り枚数をレンタルする際の参考にしてみてください。

『海月姫』と一緒にレンタルしたい作品候補


・『今日も嫌がらせ弁当』

・『先輩と彼女』

『ボス・ベイビー』

『幕が上がる』

・『累-かさね-』

・『イノセント・デイズ』

DVDの販売状況

ドラマ『海月姫』のDVD-BOXの販売状況を調査したところ、Amazonにて新品で¥15,095、古品で¥11,546にて販売されていることが分かりました。

映画『海月姫』はAmazonにて新品で¥3,535、古品で¥1,622にて販売されていることが分かりました。

いつでも『海月姫』を観たい方やファンの方は、この機会にDVDを購入されても良いかもしれませんね。

 

『海月姫』の再放送情報

『海月姫』の再放送について、フジテレビ公式サイトを確認してみましたが、残念ながら今後の再放送についての情報を確認することができませんでした。
※2020年5月3日調べ

過去の再放送履歴を調査

再放送の情報を調べたところ、2019年8月14日から8月19日までの期間にフジテレビTWOにて再放送が行われていたことが、フジテレビTWO公式サイトよりわかりました。

他にもフジテレビTWOでは2019年5月4日にも再放送を行っていたようです。

何度か再放送を行っているようなので、他様々なサイトから収集した情報をもとに、放送月や放送局など確認できたものだけ再放送履歴をまとめてみました。

『海月姫』の再放送履歴まとめ


ドラマ『海月姫』
再放送①:2018年3月(フジテレビ)

再放送②:2018年9月(フジテレビTWO)

再放送③:2018年11月(フジテレビNEXT)

再放送④:2018年12月(フジテレビTWO)

再放送⑤:2019年2月(フジテレビTWO)

再放送⑥:2019年5月(フジテレビTWO)

再放送⑦:2019年8月(フジテレビTWO)

今後の再放送:現時点で未定


映画『海月姫』
再放送①:2015年11月(WOWOW)

再放送②:2015年12月(WOWOW)

再放送③:2017年3月(LaLa TV)

再放送④:2018年1月(WOWOW)

再放送⑤:2019年3月(東海テレビ)

今後の再放送:現時点で未定


最終回前に関東でのみ再放送が行われていたようですが、それ以降の再放送のほとんどがフジテレビTWOで行われているようで、ドラマ放送終了後、地上波での再放送は1度も行われていないようですね。

話題性の高かった作品なので、今後地上波での再放送が行われる可能性はあると思いますが、最近はドラマの再放送自体が少なくなっており、地上波で再放送は行われておらず、各局が運営する動画配信サイトや、専門チャンネル等での再放送が主になってきているようなので、『海月姫』も地上波で再放送される見込みは薄いのかもしれません。

また映画は全国的には地上波で放送が1度も行われていない事から、ドラマ同様に再放送される見込みは薄いのではないかと思います。

なので『海月姫』の動画を今すぐ観たい!という方は、地上波での再放送を期待して待つよりも、動画配信サービスや、DVDレンタルを利用することをおすすめします。

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『海月姫』の動画を今すぐFODで無料視聴する 

 

『海月姫』のあらすじ

『海月姫』のあらすじをご紹介します。

主人公の倉下月海は筋金入りの“クラゲオタク女子”。

人生のほとんどをクラゲへの愛に費やし、それ以外のこと、たとえば服装にはまったく無頓着、メークも常にスッピンで、おさげにメガネ姿は小さい頃から変わらず。小学生の頃から、父親以外の男性とろくに話したことがなく、そんな自分を客観視して、女性として何の魅力もないと卑下している始末。

現在は、イラストレーターを夢見て生まれ育った鹿児島県から上京するも、さまざまな分野のオタク女子たちと男子禁制の共同アパートで、自分たちを“尼~ず”と呼びながら、外部との接触をなるべく避けて風変わりな青春を謳歌(おうか)していました。

そんな月海はある日、クラゲがきっかけで、まるでクラゲのような、見たこともないほど美しい女性・・・と思いきや女装した鯉淵蔵之介、蔵之介の弟の修に出会い日常が一変。月海はぬるま湯から引き出され、まるで熱湯コマーシャルのような刺激まみれの日々を送ることになります。

第1話のあらすじ『史上最も奇妙な三角関係!?人は誰でも自分のままで輝ける!』

ある朝、『天水館』自室のベッドで目覚めた倉下月海(芳根京子)は、隣を見てビックリ。なんと上半身裸の男が寝ているではないか・・・なぜ男が?月海は昨晩のことを思い起こす。それは10時間前、夜9時頃のこと。クラゲオタクの月海は、久しぶりに近所の熱帯魚店にクララと名前までつけているクラゲを見に行った。月海は、その水槽にタコクラゲ・クララと一緒に飼ってはいけないミズクラゲが一緒に入っていることに気づいた。熱帯魚店の店員に注意しようと思う月海だが、相手はオシャレな男性店員。月海が大苦手の人種だ。それでもクララのためと月海は勇気を振り絞って注意するのだが、店員に気味悪がられて追い出され、店の前で倒れてしまう。そんな店員を注意するスタイル抜群の美女が月海を助けてくれた。月海がわけを話すと、その美女はクララを買ってしまおうとお持ち帰り。美女はクララを持つ月海とともに『天水館』まで来ると部屋まで見たいと言い出した。美女は月海の部屋に勝手に泊まることにしてしまい・・・。
そして、次の朝、目覚めた月海が大声を出すことに。美女が上半身裸の男、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)に変身していたのだ。蔵之介によると女装は趣味らしい。月海の声を聞きつけた住人たちが集まってくる。慌てる月海は『天水館』は男子禁制の尼寺のようなところだと蔵之介に説明。女装姿に戻った蔵之介が月海と部屋を出ると、独特な住人たちがいて・・・。

第2話のあらすじ『初恋の試練 天水館が消滅!?尼~ず最大の危機』

『天水館』の朝。大慌ての倉下月海(芳根京子)が広間に駆け込み、ジジ様(木南晴夏)たちに目白先生が締切日を間違えていたことを報告。目白先生はBL漫画家で、収入の乏しい“尼~ず”たちは時にアシスタントをしていた。ともあれ、明日に迫った締切に間に合わすべく、月海たちは原稿の仕上げを始めるが、そんな時、男同士が抱き合うカットを見た月海の動きが止まり・・・。月海は鯉淵修(工藤阿須加)に水族館で抱きしめられたことを思い出したのだ。千絵子(富山えり子)たちが月海を心配していると、蔵之介(瀬戸康史)が現れる。月海は修に抱きしめられたことを蔵之介に問われるとますます混乱。そんな月海をよそに蔵之介が手を洗おうと台所の蛇口をひねると排水管が破裂!
月海の部屋で体を拭いて着替えを借りる蔵之介。その時、蔵之介は「修から月海の母の話を聞いた」と話す。そして、ふと「気持ちがわかる」と漏らす蔵之介。月海は聞き返そうとするが、蔵之介が濡れた服を脱ぎ始めたので部屋を出た。
排水管の修理代は20万円。だが、ほぼニート状態の月海たちに持ち合わせなどあるはずがなく・・・。すると、蔵之介は“尼~ず”たちの収集品をフリーマーケットで売ろうと提案。一応、自分たちの持ち物を出品する“尼~ず”たちだが、大事なオタクグッズを売るつもりなどはなからない様子。だが、月海が作ったクラゲのぬいぐるみが普通に売れて評判も上々。これに目をつけた蔵之介はネット販売を思いつく。

第3話のあらすじ『初デート!暴かれたシンデレラの魔法とウソ』

倉下月海(芳根京子)は、クラゲのドレスを作ろうと言い出した鯉淵蔵之介(瀬戸康史)を信じられずにいた。しかし、蔵之介は本気。月海の部屋で図鑑を見た蔵之介は、早速ドレスのデザインをスケッチし始める。月海は「全然違う」と、自分が描いたハナガサクラゲのデッサンを見せると、蔵之介は思わず「こんなドレスがあったら欲しい」と言う。そこに、ばんばさん(松井玲奈)が、風呂が空いたと月海を呼びに。男の格好だった蔵之介は姿を消す。
蔵之介が家に帰ると修(工藤阿須加)が部屋を訪ねてきた。修は、月海と会いたいがどうすれば良いかわからない状態に。月海と付き合わせると言った約束がまだ有効かと蔵之介に問う修。すると蔵之介は、月海に声をかけると請け負う。
『天水館』に行った蔵之介は修とデートするよう月海に告げる。月海は行きたくないと即答。修と稲荷翔子(泉里香)が交際していると思っていたからだ。蔵之介は「直接修に聞いてみれば良い」と言うが、月海には無理。さらに、男性とデートなどしたら『天水館』にいられなくなると続ける月海に、蔵之介は強引にメイクを施して出かけさせる。
月海と修は無事に落ち合うが、ギクシャクしたデートが続く。そんな中、メガネをかけた月海を見た修は『天水館』で「気色悪い」と言ってしまった女性だと気づく。一方、蔵之介は“尼~ず”にクラゲのドレスを作ると宣言。気乗りしない面々に、蔵之介はドレスで儲けた金で『天水館』を救おうと言い出す。

第4話のあらすじ『緊急出動!落ちこぼれ達が起こす大逆転劇!』

倉下月海(芳根京子)に思いを届けようと、鯉淵修(工藤阿須加)は『天水館』に行くが、ばんばさん(松井玲奈)とまやや(内田理央)に追い返されてしまう。ばんばさんたちが月海に武勇伝を語っていると、ジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)が帰宅。こちらは蔵之介(瀬戸康史)が男だと知り『天水館』や月海に近づかないよう言いに行ったが、ちょっと様子がおかしく―。千絵子は、蔵之介が『ベルサイユのばら』のオスカルだったと泣き崩れる。政治一家に女として産まれたが男として育てられたと蔵之介がついた嘘を2人は信じ、帰ってきたのだった。
ジジ様たちが北京ダックをおごってもらったと知ったまややは蔵之介に電話。蔵之介が『バタフライ』というクラブにいると聞くと、まややは蝶マニアが集うイベントと勘違い。月海とばんばさんを伴い、自分たちもおごってもらおうと『天水館』を後にする。
蔵之介が桐山琴音(最上もが)たちにクラゲのドレスの写真を見せていると月海たちが到着。そこはオシャレなクラブだった。月海たちは浮きまくり、琴音たちにバカにされ・・・。蔵之介は月海たちを連れ出すものの、傷ついた“尼~ず”は帰ってしまう。ばんばさんとまややは「二度と蔵之介とは関わらない」と宣言、蔵之介は『天水館』と関わることができなくなってしまうのか。
後日、蔵之介は琴音から「クラゲのドレスを作って欲しい」と連絡を受ける。琴音が担当するミュージックビデオの監督が、蔵之介からもらった写真を見てアーティストに着せたいと言い出したのだ。蔵之介は月海たちに話をするのだが・・・。

第5話のあらすじ『一攫千金!ショータイムにかけた仲間の想いをつなげ!運命の決断』

稲荷翔子(泉里香)が『天水館』の持ち主である千絵子(富山えり子)の母に直接、土地建物の売買契約を持ち込んだことを知り、倉下月海(芳根京子)たちは戦々恐々。一方、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)も花森よしお(要潤)から、父の慶一郎(北大路欣也)が自ら主催するパーティーで天水地区再開発賛成派を表明すると聞いて危機感を募らせる。
蔵之介が『天水館』へ行くと、月海はドレスをたくさん作って販売したいと訴える。蔵之介も賛成し、慶一郎のパーティー開催日にファッションショーをやろうと言い出した。尻込みする“尼~ず”たちだが、ジジ様(木南晴夏)はそれしかないと同意。ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)はジジ様に「儲けが出たら趣味の品を買えるかも」と言われてやる気に。作戦会議を始めた“尼~ず”だが、販売用のドレスを作るためには彼女たちの力では難しく・・・。そこで縫製のプロを雇うことを決意。すると千絵子は友人に適任者がいると月海たちを連れて頼みに出かける。
月海たちが通された千絵子の友人、ノムさん(安達祐実)の部屋にはたくさんの人形が飾られていた。ノムさんの服作りは人形専門。しかし、ノムさんの力量は本物で、クラゲのドレスを気に入って即座に人形用の型紙を作り始めた。人間用ドレスに協力してくれたらデザインを人形にも使って良いと千絵子が条件を出すと、ノムさんは了承した。
こうして月海たちは本格的なドレス作りに着手。蔵之介はショーの会場探しを始める。さらに、ひょんなことから“尼~ず”のひとり、まややがモデルとしてステージに立つことに。顔を覆っていたまややの前髪の秘密が明らかに・・・。

第6話のあらすじ『第二章突入 尼~ず解散危機!愛と勇気の闘争』

『天水館』で行われた月海(芳根京子)たちのブランド“ジェリーフィッシュ”のファッションショーは成功した。しかし、ショーの後に蔵之介(瀬戸康史)にキスされた月海は心ここにあらずの状態に。一方、蔵之介はショーの最中に天水地区再開発反対を発表したことで、賛成派の父、慶一郎(北大路欣也)に叱られてしまう。スポーツ紙などはショーよりも親子対決を大きく取り上げることに・・・。
その頃、修(工藤阿須加)は議員会館で慶一郎の後援者などからの電話対応に追われていた。そこに紛れて別の内容の電話が・・・。それは、蔵之介の実母、リナ(若村麻由美)からだった。リナは蔵之介がショーで着ていたドレスの注文を修に頼む。しかも「蔵之介には内緒で」ということだった。
マスコミが騒いでいるため、慶一郎に自宅謹慎を申し付けられた蔵之介だったが、じっとしているわけはなく、自宅前で待ち構えるマスコミの前にジェリーフィッシュの服で姿を現した蔵之介はちゃっかり宣伝する。その足で『天水館』を訪ねた蔵之介は“尼~ず”たちに「ジェリーフィッシュのホームページを立ち上げてドレスのオーダーをとろう」と促した。そんな蔵之介を自室に呼んだ月海は、昨夜のキスの意味を尋ねるが、蔵之介に「挨拶みたいなもの」とあっさりかわされてしまう。
月海が生地を買いに行くと修と会う。修は月海に「みんなには内緒でドレスを作ってほしい」と頼むが、リナの注文だとは言わなかった。修に送られて『天水館』に戻る月海の姿を蔵之介が目撃していた―。

第7話のあらすじ『一発逆転!謎の男の怪しい誘惑!?君が欲しい』

鯉淵修(工藤阿須加)から告白された倉下月海(芳根京子)は大混乱。“尼~ず”に相談出来ない月海は、蔵之介(瀬戸康史)に電話した。話を聞いた蔵之介はどういうつもりで言ったのかと修に尋ねる。すると修は交際を求めているのではなく、月海にプロポーズしようと思っていると突っ走ろうとしていた。いきなりそんなことをしたら月海がどうなるかわからないと、蔵之介は修を諌める。
ジジ様(木南晴夏)の生産管理も様になり『ジェリーフィッシュ』のドレスは順調に出荷されていく。そんな時、『天水館』の月海宛てに一通の手紙が届いた。差出人の名前がない手紙を怖がる月海の代わりに、封を切ったまやや(内田理央)が固まる。蔵之介が手紙を奪い取ると、差出人は修。内容はまさに月海へのプロポーズだった。ばんばさん(松井玲奈)や千絵子(富山えり子)も動転する中、蔵之介は修のフライングに歯噛みする。
そんな混乱の最中に、千絵子の母、千世子(富山えり子・二役)が現れ“尼~ず”たちに早く出て行けと迫る。千絵子は母にここで服を作っていると説明。蔵之介も服を売って『天水館』を買いたいと話した。しかし、千世子は売却契約に行くと出て行ってしまう。 しかし、千絵子は母に内緒で『天水館』の権利証を隠していた。契約までの時間を引き延ばした月海たちは、ジジ様の提案でファッション界のバイヤーやスタイリストなどが集まるプロモーションスペースに出店することにする。

第8話のあらすじ『涙腺崩壊!月海の決断と涙の別れ 最後の晩餐』 

月海(芳根京子)たちはプロモーションスペースに自身らのブランド『ジェリーフィッシュ』を出店。客足は全く良くなかったが、アジアでセレクトショップを展開するカイ・フィッシュ(賀来賢人)には認められることに。カイは月海と蔵之介(瀬戸康史)に、ドレスとデザインを買い取りたいと申し出る。それどころか、条件として月海をシンガポールに連れて行き、新ブランドを展開したいと・・・。そして、月海の才能を埋もれさせたくないと、部下のファヨン(伊藤ゆみ)に手付金の用意を命令する。蔵之介は「月海やドレスのことを理解していない」とカイの提案を断るが、蔵之介と部屋を出る月海に、カイは連絡先を教えて。
蔵之介と月海がプロモーションスペースに戻ると“尼~ず”たちの姿はなく、2人を迎えたのは稲荷翔子(泉里香)と佐々木公平(安井順平)だった。稲荷は『天水館』の売買契約が成立したと月海と蔵之介に伝える。すぐに『天水館』に戻る2人だが、さすがの蔵之介も打つ手なく沈んでしまう。
一方「困った時には連絡するように」と修(工藤阿須加)に言われていた月海は彼に電話するも、出てもらえない。勇気を出して鯉淵家を訪ねる月海だが、修は不在。そんな月海を慶一郎(北大路欣也)と容子(床嶋佳子)が家に迎え入れる。月海は『天水館』が売却されてしまったことを慶一郎に相談するが、自分にはどうすることも出来ないと言われてしまう。頼る術がなくなった月海は、カイにもらった名刺に目を落とし・・・。

第9話のあらすじ『愛する人へ 奇跡は俺たちが作る!奪還大作戦』

月海(芳根京子)は蔵之介(瀬戸康史)や“尼~ず”が映ったテレビ番組を見て号泣。『天水館』に帰って来いという仲間の気持ちが伝わり、寂しい思いがあふれる。そんな月海に、カイ・フィッシュ(賀来賢人)は「戻りたければ戻っても良い」と告げる。ただし、月海が戻れば『天水館』は取り戻せなくなる、と。月海はカイに従うしかないと決意する。
白いシャツに着替えさせられた月海は、カイに雇われたデザイナーたちが集うサロン『CUBE』へ。オシャレ女子たちにドレスのデザイン画を見られる月海。すると彼女たちから、カイに必要なのは利益になるデザインだと言われてしまう。月海のデザインはゴミにすぎない、と・・・。「訂正してください」と憤る月海をファヨン(伊藤ゆみ)が連れ出す。
ファヨンは在庫として売れ残った服が大量に置かれた倉庫を月海に見せ、全てを燃やしてしまうのだと教える。売れ残った服を安く売ったら、それを買った客は次回から定価では買ってくれないという論理。月海には理解できず戸惑う一方・・・。
蔵之介と修(工藤阿須加)は月海を探す方法を、花森よしお(要潤)と杉本(浜野謙太)に相談。杉本は、カイの会社が行う来シーズンのショーモデルのオーディションに潜入して月海の居場所を探るよう提案する。蔵之介はオーディション会場へ。修も行きたかったが、イタリアに行っていた間に溜まった仕事をこなさなければならず断念。一方、“尼~ず”たちはジジ様(木南晴夏)の考えで、自立のために仕事を探し始める。

第10話のあらすじ『愛する人へ 尼~ずよ永遠に!涙の卒業制作 最後のキス』

『天水館』を出た月海(芳根京子)は、とりあえず漫画喫茶で過ごすことに。そんな月海の個室を蔵之介(瀬戸康史)が訪ねて来た。クラゲのクララを預かった蔵之介は、飼育方法を聞きたかったのだ。すると、隣近所の個室からジジ様(木南晴夏)、ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)、千絵子(富山えり子)が次々に現れ。“尼~ず”卒業と言いつつも、結局みんな一緒にいることにあきれる蔵之介。ともかく蔵之介は月海とともに『天水館』に残してきたクララの飼育道具を取りに行くことに。途中、修(工藤阿須加)からのプロポーズの返事を蔵之介に聞かれた月海は、まだ頭の整理がついていないと答える。
その頃、鯉淵家では、修が月海にプロポーズしたことを花森(要潤)に報告。プロポーズの言葉を聞いた花森は「2点」と酷評します。一方、再開発計画の見直しを知った稲荷(泉里香)は佐々木(安井順平)と慶一郎(北大路欣也)に事実確認に行く。顔を出した修も交えたところで、慶一郎は反対派が無視出来なくなったので行政として見直すと伝えた。
月海たちが『天水館』に着くと人の気配が・・・。現れたのは、カイ・フィッシュ(賀来賢人)。デザイナーは続けないと言う月海を残念がるカイは、蔵之介が才能を捨てさせたと告げ、よく考えるよう月海に言い残して去った。漫画喫茶に戻った蔵之介は『ジェリーフィッシュ』の解散を改めて宣言。すると“尼~ず”たちは・・・。

出展:FODより

 

『海月姫』見どころまとめ

「海月姫」を視聴した方から、ドラマの見どころを集めてみました。

女性 31歳
笑えるシーンあり、泣けるシーンありで目が離せません。

まず引きこもり生活をしていた月海がデザインをすることによって仲間が出来、成長していく姿に感銘を受けます。またコメディ要素も強く、笑えるシーンあり、泣けるシーンありで目が離せません。そして月海が身だしなみを整えると別人になるという設定からオシャレって凄いなと思いますし、人は何かきっかけがあれば変われるんだなと考えさせられます。何よりラブストーリーということもあって月海と蔵之介と修という三人の恋の行方も毎話気になり、恋愛模様も楽しめると思います。

 

女性 31歳

本当にトキメキました。

ドラマ海月姫は、本当にトキメキました。もうあまりにドキドキして恋愛を思い出しました。蔵之介のかっこよさは見ていて羨ましかったです。最近こういう昔の月9のようなドラマ減ったなあと思いましま。ドラマを見ていたら古き良き時代のキュンキュンするいいドラマでした。必ず視聴者は忘れられないトキメキシーンがあるはずです。最初は微妙かなと思うかもしれませんが、見続けているうちに完全にはまってしまいました。素晴らしいドラマでした。

 

女性 29歳

オタク女子が心も外見も劇的に変身していくドラマです。

オタク女子が心も外見も劇的に変身していくドラマです。冴えないオタク女子ですが、これがまたとても綺麗な原石でお金持ちの男性と出会い恋の発展にも目が離せません。お金持ちのカッコ良い男性ですが、劣等感も持ち家族特に父親との関係が上手くいっていないのですが、クラゲ女子に出会うことでこちらも人生観が大きく変化をもたらします。又、クラゲ女子と同居の家に住む住人の個性がキツくこれまた笑えます。とにかくハラハラドキドキ、感動心温まるドラマです。

 

女性 37歳

明日への活力となるドラマです。

クラゲオタクのヒロイン月海が女装男子とエリートの兄弟と恋していくお話ですが、特に美人の女装男子の蔵之介に影響され、月海がどんどんあか抜けてシンデレラになる様が面白いです。ファッションに詳しい蔵之介と、デザインにこだわっていく月海が共同で作り出すドレスがとにかく華やかでキレイで、ドラマが進むたびにそのファッションにも期待してしまいます。月海と暮らす様々な種類のオタクニート女子たちも個性的で、蔵之介に感化され徐々に成長して一人前になっていく姿が微笑ましかったです。明日への活力となるドラマです。

 

女性 24歳

瀬戸康史さんの女装クオリティが高い。

東村アキコさんの作品ということで自宅に持っていたので実写にしたらどうなるのかという期待感があったので全話観ましたが原作の特徴を見事に捉えていて素敵な作品でした。特に瀬戸康史さんの姿は本当に綺麗で人選も的確で原作を越えるくらいのクオリティでした。童貞エリートの工藤阿須加さんもイメージ通りの雰囲気があってたまにかっこいい仕草やぬけてる場面もあったりとバランスをうまくとれててナイスな演技でした。もう終わってしまったのが残念ですがまた観たい作品です。

 

女性 19歳

美しい姿から男性の姿に戻った時がめちゃめちゃカッコいい

クラゲオタクの月海(芳根京子)と女装が趣味の蔵之介(瀬戸康史)の絡みがとっても楽しいドラマです。そして何といっても蔵之介の女装姿が美しく、さらにその美しい姿から男性の姿に戻った時がめちゃめちゃカッコいいのです。まずそのギャップが全話を通しての見どころでしょう。月海が住んでいる天水館には月海の他に4人のオタクが住んでいるのですが、この4人がまた見た目も性格も強烈で、基本引っ込み思案。しかしこの4人と月海は、蔵之介に会っていくうちにどんどん、どんどん変わっていきます。その姿がすごく素敵で、スカッとする爽快なシーンも多々ありました。中でもいつもジャージの三国志オタク・まやや(内田理央)がファッションショーに出るシーンは、本当に鳥肌が立つくらい感動しました。ラスト近くになってくると、月海と蔵之介の関係も発展します。それがまたキュンキュンし、とっても恋がしたくなるようなドラマです。

 

女性 19歳

原作のイメージ通りです。

自分に自信のない女性が、ある一人の男性との出会いをきっかけに強く大きく成長していく恋愛ドラマです。このドラマの見所は、純粋だけど自信のなさすぎる月海と、自分がこうと決めたらそれを信じて突き進む蔵之介。相反する二人、衝突をしながら夢に向かってひた向きに突き進む姿勢がとにかくかっこいいです。また、ドラマの衣装も凝っています。特に蔵之介の女装は美しく、原作のイメージ通りです。瀬戸康史さんの男らしい一面にもキュンときますし、女装が美しい姿にもつい惹き付けられます。

 

『海月姫』ドラマ版の主要キャスト紹介

芳根京子(倉下月海)

クラゲのイラストレーターを目指して上京してきたクラゲオタク。幼少時に母親を亡くし、母の言葉や思い出に時々涙ぐむ内気な女子だが、大好きなクラゲのことになると雄弁する。

瀬戸康史(鯉淵蔵之介)

大物国会議員の父を持つ女装男子。女装をすると男だとわからないくらい美しい見た目をしており、「尼〜ず」からは「オシャレ女子」と呼ばれている。偶然出会った月海に興味を持つようになる。

工藤阿須加(鯉淵修)

蔵之介の母親違いの弟。国会議員である父の秘書を務める真面目なエリートで、周囲からは後継者だと期待されている。気遣いができ優しい性格だが、あることをきっかけに女性が苦手に。ある日、蔵之介によってオシャレに変身させられた月海を見て一目惚れしてしまう。

木南晴夏(ジジ様)

「尼〜ず」の一員で、中高年の男性がターゲットとした”枯れ専”のオタク女子。服装も地味で、かなり暗いため影が薄い。しかし、時々ダジャレをボソッと言ったり、ここぞという時に機転を利かせて活躍する一面も。

松井玲奈(ばんばさん)

「尼〜ず」の一員で、鉄道オタク。各鉄道の車内アナウンスを暗唱し、車両の系統も覚えているなど総合的な鉄道オタク。天然パーマでアフロヘアが特徴。

 

まとめ

以上、『海月姫』の動画配信まとめや、再放送情報についてでした。

現時点で地上波での再放送の予定も無く、フジテレビTWOでも再放送したばかりとのことなので、次の再放送はまだ先になると思います。

なので今回ご紹介したFODプレミアムを利用して『海月姫』をご覧になってみてはいかがでしょうか。

FODプレミアムは取り扱われている種類が豊富なので、より多くの作品を楽しみたい方に非常におすすめのサービスになっています。

無料のお試し期間が存在するので、気になった方はこの機会に一度利用してみてください!

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『海月姫』の動画を今すぐFODで無料視聴する 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です