【無料視聴】松坂桃李主演ドラマ|この世界の片隅にの動画を1話から最終話まで観る方法

『この世界の片隅に』は、松本穂香さんと松坂桃李さん主演で2018年7月から9月にかけてTBS系列で放送されたテレビドラマです。

こうの史代さんによる漫画が原作で、激しい空襲を受けた広島県の軍都・呉を舞台に戦争の全体像を描いた作品です。

そんなドラマ『この世界の片隅に』の動画配信状況や再放送情報を調べてみました。

後半では作品が実話なのかどうかについても紹介しています。

動画配信マニア
動画を無料で観る方法や、DVD情報もまとめて紹介するよ~。

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『この世界の片隅に』の動画を今すぐParaviで無料視聴する 

『この世界の片隅に』の動画を無料で視聴する方法

後ほど他サービスの配信結果や再放送情報をお伝えしますが、まずは公式で『この世界の片隅に』の動画を無料で観る方法について、結論をまとめます。

『この世界の片隅に』の動画を今すぐ観るなら

Paravi(2週間の無料お試し期間あり)

→「Paravi」を1度登録したことがあるなら、U-NEXT(31日の無料お試し期間あり)

『この世界の片隅に』の動画を見放題で配信しているサービスは、下記4つなっています。

「Paravi」 →おすすめ
「U-NEXT」
「Hulu」
「TELASA」

4つのサービスで配信されていますが、『この世界の片隅に』を視聴するなら『Paravi』での視聴をおすすめします。

「Paravi」は2週間の無料お試し期間があり、国内ドラマの配信に強いサービスなので、『この世界の片隅に』のような、他ドラマ作品も数多く楽しむことができます。

TBS系列やWOWOWの過去ドラマを積極的に配信しており、最新ドラマの見逃し動画も、見放題で視聴することが可能です。

Paraviのおすすめポイント

  1. 2週間以内に解約すれば、料金は一切かからない
  2. WOWOWなど、Paraviでしか視聴できない作品が多数ある
  3. 最新ドラマの見逃し動画も積極的に配信している
  4. 動画をダウンロードしてオフラインでも楽しめる
  5. 毎月ポイントをもらえるため有料作品も楽しめる

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『この世界の片隅に』の動画を今すぐParaviで無料視聴する 

配信サービスの一覧については、次の項でくわしくご紹介します。

『この世界の片隅に』の動画配信サービス一覧

ドラマに強い評判の良いサービスに絞り、『この世界の片隅に』がどこで配信されているかリサーチしてみました。
※配信チェック:2020年5月11日

動画配信サービス配信状況視聴メモ

見放題で配信中!
2週間の無料期間あり

今すぐ視聴可能

見放題で配信中!
31日間の無料期間あり

今すぐ視聴可能

見放題で配信中!
2週間の無料期間あり

今すぐ視聴可能


×

配信なし


×

配信なし


×

配信なし


見放題で配信中!
30日の無料期間あり

今すぐ視聴可能


DVD宅配レンタル
16枚まで1か月の無料お試し期間あり
今すぐネット注文可能

冒頭でもお伝えしましたが、『この世界の片隅に』の動画を見配信しているのは「Paravi」「U-NEXT」「Hulu」「TELASA」の4社となっています。

ここまで多く配信されていると、どのサービスにしようか迷ってしまいますよね。

動画配信マニア
長い無料期間でたっぷり幅広いジャンルを楽しみたい人は「U-NEXT」、国内ドラマに特化して動画を楽しみたい人は「Pravi」がおすすめかな。

『この世界の片隅に』のみを視聴するなら、正直どのサービスでも良いかと思います。

無料期間内に『この世界の片隅に』以外にも国内ドラマ」をもっと観たい!という方は「Paravi」での視聴をおすすめします。

「Paravi」は「国内ドラマ」に強いサービスで、特にTBS・WOWOW系のドラマ作品を積極的に見放題で配信しています。

無料期間が長い「U-NEXT」でも良いのですが、「U-NEXT」ですと『この世界の片隅に』のようなTBS系ドラマだと、有料作品となっているケースがあるため、無料期間中でも課金しないといけない可能性があります。

ただ、無料期間内にたっぷり幅広いジャンルの作品を楽しみたい!という方は、無料期間が31日間の「U-NEXT」をおすすめします。
※「U-NEXT」で『この世界の片隅に』を観る方法はこちら

「Paravi」の登録方法はこちら

【登録の流れ】

  1. 会員登録ページにとび、「まずは2週間無料体験」をクリック

  2. 「メールアドレスでアカウント作成」をクリック
    ※「Yahoo ID」や「Facebook」アカウントなどでも登録できます。

  3. 登録者情報ページにてすべて情報を埋め、利用規約にチェックを入れ「クレジットカードで登録する」をクリック

  4. 登録完了!

⇔横にスクロールしてね⇔

 

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『この世界の片隅に』の動画を今すぐParaviで無料視聴する 

無料期間中に『Paravi』を楽しむプラン紹介

①まずは『この世界の片隅に』の全話を一気観する!

今回ご紹介した『この世界の片隅に』を、まずは全話一気に観てしまいましょう!

検索ボックスにて作品名を入力すれば、対象のドラマが表示されるので、そこからすぐに視聴することが可能です。

②他作品も、惜しみなく観まくる!

「Paravi」は他ドラマや映画の作品も豊富です。

この機会に、気になる作品があれば無料期間中にすべて観てしまいましょう!

例えば、『この世界の片隅に』と似たような作品や、『この世界の片隅に』に出演している、松本穂香さんや松坂桃李さんの他作品などですと、下記のようなタイトルが配信されています。

『この世界の片隅に』を観たあとに、チェックしたいParavi作品


『食い逃げキラー』

・『病室で念仏を唱えないでください』

・『怪盗ロワイヤル』

・『今日、恋をはじめます』

・『クローンベイビー』

『チア☆ダン』

『義母と娘のブルース』

【無料視聴】ドラマ|食い逃げキラーの動画配信サービスを徹底調査してみた

2020年5月3日

ぜひ参考までにチェックしてみてください!

③無料期間内に解約手続きをする

「Paravi」は、無料期間が終了すると、月額料金が発生します。

きちんと解約すれば、料金は一切発生しないので、必ず期間内に対応を済ませてしまいましょう!

とある女性
無料で観れるのはわかったけど、その後ちゃんと解約できるか不安だな。。

解約は1分ほどで簡単にできます!下記に手順をのせておくので、参考までにチェックしておいてください。

【解約の流れ】

  1. TOPページの「メニュー」タブをクリック

  2. 「アカウント情報」をクリック

  3. 少し下にスクロールし、「契約プランの確認・解約」をクリック

  4. 契約プランが表示されるので、「プラン解約」をクリック

  5. 「本当に解約しますか?」と表示されるので、「解約を続ける」をクリック

  6. アンケートに回答後、「解約する」をクリックすれば解約完了!

⇔横にスクロールしてね⇔

 

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『この世界の片隅に』の動画を今すぐParaviで無料視聴する 

「Paravi」のサービス概要

簡単に、「Paravi」のサービスについてご紹介します。

サービス名Paravi(パラビ)
作品数10,000作品以上
月額料金925円(税抜き)※ポイント含む
無料お試し期間2週間

「Paravi」は、TBS・テレビ東京など6社の共同出資により設立された、プレミアム・プラットフォーム・ジャパンが運営しているサービスです。

配信作品の特徴としてやはり、株主であるTBS・テレビ東京・WOWOWで放送された番組が中心となっています。

「Paravi」でしか観られない独占配信のコンテンツも魅力的で、ドラマ以外にも、人気歌手のコンサートや、地上波の番組の未公開映像など、オリジナルコンテンツも豊富となっています。

とある女性
動画配信サービスってたくさんあるけど、Paraviって他社と比べてどう違うのかな??
動画配信マニア
ズバリ!「国内ドラマ」に強いサービスかな。特にTBS・WOWOW系のドラマ作品を積極的に配信してるよ~。
「Paravi」の特徴
  1. TBS・テレ東・WOWOWの作品が見放題

    「Paravi」は、最大級の国内ドラマアーカイブを売りにしていて、ドラマコンテンツが非常に豊富という点が特徴です。他動画配信サービスだと有料作品であるケースが多いTBS、テレビ東京、WOWOWの国内ドラマなどは、Paraviでは見放題となっています。ここまで国内ドラマ作品が充実しているサービスは他にないでしょう。

  2. ドラマの見逃し配信も見放題
    「Paravi」はTBSで放送されている番組を積極的に配信しているため、過去作はもちろん、今現在放送中のドラマの見逃し配信を、見放題で視聴することができます。また、Paraviでしか配信していないオリジナル作品も豊富となっています。

  3. 動画をスマホにダウンロードできる
    「Paravi」は動画をスマホにダウンロードできるため、オフラインでも楽しむことができます。家であらかじめ見たい作品をダウンロードしておけば、外出先で通信環境や速度制限を気にせず、快適に動画を見ることができます。
とある女性
TBSドラマは話題作が多いし、これまでの過去作品もすべて見放題で観れるのは貴重かも!WOWOW好きにも有難いサービスかもね。
「Paravi」のデメリット
  1. 映画や海外ドラマに弱い
    国内ドラマに力を入れているだけあって、それ以外のコンテンツは他サービスに比べて少ないのが現状です。特に厳しいのが洋画で、知名度のある作品を観たいと思っても、見つけらないケースもしばしばあります。

  2. 無料期間が2週間と短い
    他の動画配信サービスだと、無料お試し期間が30日程度あるのですが、「Paravi」は2週間と短いです。無料期間を思う存分楽しむには、予め期間を決めてから登録した方が良いかもしれません。
動画配信マニア
「Paravi」は、映画や海外作品よりも、国内ドラマが好きな人に向いてるサービスかもね。

「Paravi」を一度登録したことがあるなら「U-NEXT」がおすすめ

『この世界の片隅に』を観るなら「Paravi」がおすすめですが、「Paravi」は一度登録したことがあると、無料お試しキャンペーンに加入することができません。

「Paravi」を一度登録したことがある方は、「U-NEXT」での視聴をおすすめします。

「U-NEXT」も『この世界の片隅に』を見放題で配信していますし、31日間の無料お試し期間があります。

「U-NEXT」のおすすめポイント

  1. お試し期間が31日間と長い
  2. 期間内に解約すれば、料金は一切発生しない
  3. お試しの入会で600円分のポイントが付与される
  4. 動画配信の作品数は業界でトップクラス!
  5. フルHD,4Kで高画質

「U-NEXT」でも、無料お試し期間はたっぷりあるので、ぜひ『この世界の片隅に』以外の作品もチェックしてみてください!

『この世界の片隅に』と似たような作品や、『この世界の片隅に』に出演している、松本穂香さんや松坂桃李さんの他作品などですと、下記のようなタイトルが配信されています。

『この世界の片隅に』を観たあとに、チェックしたいU-NEXT作品


・『青空エール』

・『世界でいちばん長い写真』

『食い逃げキラー』

・『娼年』

・『彼女がその名を知らない鳥たち』

・『キセキ』

・『八日目の蝉』

・『ごめん、愛してる』


↓31日の無料お試し期間あり!↓

『この世界の片隅に』の動画を今すぐU-NEXTで無料視聴する 

「ちゃんと解約できるか不安。。」という方は、下記に解約手順をご紹介していますので、ぜひ参考までにチェックしてみてください。

解約前のアンケートが少し面倒に感じますが、解約自体は2分ほどで簡単に済みます!

【解約の流れ】

  1. TOPページの「メニュー」タブをクリック

  2. 「設定・サポート」をクリック

  3. お客様サポートページにて、「契約内容の確認・変更」をクリック

  4. 月額プランの「解約はこちら」をクリック

  5. 解約前に案内を読み、「次へ」をクリック

  6. 解約前のアンケートを記入

  7. 解約時の注意事項に「同意する」をチェックし、「解約する」をクリックし、解約完了!

⇔横にスクロールしてね⇔

違法動画を観るリスクについて

違法にアップロードされた動画で、ドラマを楽しむこともできますが、そのような完全無料の違法動画サイトは、架空請求の広告やウィルスによる住所や、クレジットカード情報など個人情報漏えいの恐れがあります。

アップされたとしてもすぐに削除される可能性が高いですし、下記のような様々な危険性があるため、そのようなサイトで動画を視聴するのは、おすすめできません。

【違法動画を視聴するデメリット】

・ウィルス感染の危険性がある

・卑猥な広告が表示される

・画質が粗く観づらい

・途中リンク切れで動画が観られなくなる

・音声と画像がズレれているケースがある

・ストリーミングに時間がかかる

・「フィッシング広告」でフィッシングの被害に遭う
とある女性
違法にアップされた動画は、ちょっと怖いかも。。

安全かつ合法にアップされている動画を無料で視聴できるのであれば、リスクを犯してまで違法動画で観るより、動画配信サービスなどで観ることをオススメします。

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『この世界の片隅に』の動画を今すぐParaviで無料視聴する 

 

『この世界の片隅に』のDVD情報

『この世界の片隅に』をDVDで視聴したい!という方は、「TSUTAYA DISCAS」をおすすめします。

「TSUTAYA DISCAS」とは、TSUTAYAの宅配レンタルサービスのことで、自宅からDVDを注文して家まで届けてくれるサービスになっています。

今なら1ヶ月の無料お試し期間があるので、1ヶ月以内にDVDをレンタルして返却して解約すれば、料金は一切発生致しません。(※DVD16枚までの上限あり)

TSUTAYA DISCASのおすすめポイント

  1. 入会後30日間は、最大16枚まで無料でレンタルできる
  2. 無料期間内に解約すれば料金は0円
  3. お目当てのDVDをネットですぐ見つけられる
  4. 自宅まで届くため店に行かなくても良い
  5. 「TSUTAYA TV」の動画配信サービスも同時に受けられる
動画配信マニア
「TSUTAYA DISCAS」は自宅までDVDを届けてくれるから楽だね~。お試し期間中に最大16枚まで無料でレンタルできるし、その後の解約方法もカンタンだよ。

『この世界の片隅に』は全話5枚となっているので、無料お試し期間中に全話レンタルすることが可能です。

「TSUTAYA DISCAS」の無料お試しサービスは、DVDレンタルのサービスだけでなく、「TSUTAYA TV」という動画配信サービスもセットで利用できるので、ぜひこの機会にまるっとトライしてみても良いかもしれませんね。

↓今すぐDVDを無料レンタルする!↓

『この世界の片隅に』の動画を全話無料視聴する 

「サービスの詳細は理解できたけど、ちゃんと解約できるか不安。。」という方は、解約方法も画像つきで詳しくまとめているので、下記もあわせてご確認ください。

【解約の流れ】

  1. TOPページの「マイメニュー」をクリック(アプリから解約はできないので、必ずサイトにログインしてご対応ください)

  2. 「登録情報の確認」をクリック

  3. 「メニュー一覧」を開き、「サービス解除申請」をクリック

  4. 注意事項にすべてチェックを入れて、「次へ」をクリック

  5. アンケート(任意)を埋め、「申請を完了する」をクリックすれば、解約完了です!

⇔横にスクロールしてね⇔


なお、そのほかの松本穂香さん出演作品ですと、下記のような作品もレンタルできますので、ぜひ残り枚数をレンタルする際の参考にしてみてください。

『この世界の片隅に』と一緒にレンタルしたい作品候補


『食い逃げキラー』

・『おいしい家族』

『君は月夜に光り輝く』

『あの頃、君を追いかけた』

・『青空エール』

・『恋は雨上がりのように』

DVDの販売状況

「この世界の片隅に」のDVD-BOXの販売状況を調査したところ、Amazonにて新品で¥16,210、古品で¥15,705にて販売されていることが分かりました。

いつでも「この世界の片隅に」を観たい方やファンの方は、この機会にDVDを購入されても良いかもしれませんね。

 

『この世界の片隅に』の再放送情報

公式サイトを確認して再放送の情報を確認してみましたが、残念ながら今後の再放送についての情報を確認することができませんでした。
※2020年5月11日調べ

過去の再放送履歴を調査

「この世界の片隅に」公式Twitterによると2話が放送される2018年7月21日の14時から第1話を再放送していたようです。

3話が放送された7月29日の14時からは「この世界の片隅に」ダイジェスト版として1話と2話の再放送がされたようです。

6話が放送された前日の8月18日には16時から1〜5話のダイジェスト版が再放送されたようです。

リアルタイムの放送を見逃した方や見直したい方向けの再放送で、その後の放送については、現時点で未定となっているようです。

最近はドラマの再放送自体が少なくなっており、地上波で再放送は行われておらず、各局が運営する動画配信サイトや、専門チャンネル等での再放送が主になってきているようなので、「この世界の片隅に」も地上波で再放送される見込みは薄いのではないかと考えられます。

なので「この世界の片隅に」の動画を今すぐ観たい!という方は、地上波での再放送を期待して待つよりも、動画配信サービスや、DVDレンタルを利用することをおすすめします。

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『この世界の片隅に』の動画を今すぐParaviで無料視聴する 

 

『この世界の片隅に』のあらすじ

『この世界の片隅に』のあらすじをご紹介します。

浦野すず(幼少期:新井美羽、大人時代:松本穂香)は、絵を描くことが大好きな少女。

昭和9年、すずはお使いに出た帰り道、人攫いに捕まってしまった。

しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治、大人時代:松坂桃李)の機転で逃げ出すことに成功する。

無事自宅に帰りついたすずだが、今日の出来事が夢のように思えた。

時は経ち昭和18年秋。

すずを嫁にほしいと周作がやってくるが、すずは見覚えがなく・・・。

第1話のあらすじ『昭和の戦争のさなか懸命に生きた家族の愛と命の感動物語!』

昭和9年のある日、広島県広島市江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽、大人時代:松本穂香)はお使いに出た帰り道で人さらいに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治、大人時代:松坂桃李)の機転で逃げ出すことに成功する。無事自宅に帰りついたすずだが、今日の出来事が夢のように思えて・・・。時は経ち昭和18年秋。祖母・森田イト(宮本信子)の家で手伝いをしていたすず(松本穂香)のもとに、自宅にすずを嫁に欲しいという人が来ていると連絡がきた。事情がよくわからないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海軍兵学校へ進んだ幼なじみ・水原哲(村上虹郎)と出会う。てっきり哲が相手の人だと思っていたすずはさらに混乱する。その頃、浦野家では北條周作(松坂桃李)とその父・円太郎(田口トモロヲ)がすずの帰宅を待っていた。周作は以前にすずを見初めたというが、こっそり家の様子をのぞいたすずには全く見覚えがなく・・・。

第2話のあらすじ『小姑襲来!戦時下の広島波乱の新婚生活が幕を開ける!』

すず(松本穂香)が北條周作(松坂桃李)のもとに嫁いで数日。山の上に建つ北條家には水道が通っておらず、共同井戸まで水をくみにいくのがすずの日課となった。近所のことなら隣に住む刈谷タキ(木野花)が何でも教えてくれる。隣保の住民たちとも徐々になじみになってきた。中でもタキの娘・幸子(伊藤沙莉)や堂本志野(土村芳)ら同世代の女性とはかしましく話が弾む。すずは自分が嫁に来たことを実感する。そんなある日、径子(尾野真千子)が娘・晴美(稲垣来泉)を連れて北條家に帰ってきた。嫁ぎ先の黒村家と折り合いが悪くしばらくは戻らないという。径子は北條家の家事は自分がやるからすずは実家に帰れと言い放つ。周作は反対するが義母・サン(伊藤蘭)と義父・円太郎(田口トモロヲ)は径子の意見に賛成し、すずは嫁いで1カ月で実家に帰ることになる。

第3話のあらすじ『初めての逢引、交錯する4つの運命』

昭和19年6月のある深夜。呉に初めて空襲警報が鳴った。北條家ではすず(松本穂香)・周作(松坂桃李)夫婦をはじめ、家族全員が恐怖とともに飛び起きた。呉の街も徐々に戦争の色が濃くなり、北條家と刈谷家は合同で防空壕を掘ることに。そんな状況ではあるが、すずは今さら周作がかっこよくて仕方がない。結婚して3カ月。ことあるごとに周作に見とれてはデレデレする毎日を送っていた。そんな中、すずは誤って砂糖を水がめの中に落としてしまう。砂糖は8月から配給停止になる高級品。心の底からどんよりするすずに、サン(伊藤蘭)は闇市で砂糖を買ってくるよう自分のへそくりを渡す。闇市で砂糖を買ったすずはその値段に驚き、改めて後悔する。そして家に向かって歩いているつもりが、いつの間にか見知らぬ場所に迷い込んでいた。帰り道を通りすがりの人たちに聞くが、誰もが知らないという。途方に暮れたすずは、リン(二階堂ふみ)という女性に声をかけられる。

第4話のあらすじ『りんどうの秘密、知られざる過去』

昭和19年8月のある日、すず(松本穂香)が段々畑から見える呉湾をスケッチしていると、通りがかった憲兵からスパイ行為だと厳しく言い寄られる。海岸線の写生・写真撮影は禁止されているのだ。憲兵のあまりの剣幕にすずは恐怖に包まれる。何とかその場は納まったものの、すずはショックで寝込んでしまう。その夜、まだ体調が悪いすずを家族は心配する。夏バテや疲れではないかと言い合う中、円太郎(田口トモロヲ)は子供ができたのではと口にする。この唐突な発言にサン(伊藤蘭)と径子(尾野真千子)は不快感をあらわにする。翌日、すずは病院の帰り道に朝日遊郭を訪れる。リン(二階堂ふみ)と再会したすずは世間話に花を咲かせる。そんな北條家に小さなお客さんが訪ねてきた。広島の黒村家に径子が置いてきた長男・久夫(大山蓮斗)がひとりで呉の北條家までやってきたのだ。

第5話のあらすじ『空襲来る・・・さよなら初恋の人』

昭和19年12月のある日、すず(松本穂香)が水くみをしていると、軍艦に乗っているはずの水原哲(村上虹郎)が現れた。水原はすずに会いに来たという。すずは水原を北條家に連れて行くが、水原は今晩泊めて欲しいと言い出す。サン(伊藤蘭)と径子(尾野真千子)は突然の客にびっくりするものの、やがて状況を楽しみ始める。帰宅した周作(松坂桃李)は水原の顔を見て以前会ったことを思い出す。しかし、周作は自分の知らないすずの過去を水原が話すのを聞き不機嫌に。水原は周作の気持ちも知らず、ひたすら笑顔ではしゃぎ続ける。そんな2人に挟まれたすずは気が気でない・・・。やがて夕食も終わり、居間には水原と周作の2人だけに。水原は戦艦での様子や思いを吐露する。それを聞いた周作は水原に納屋で寝てくれと言い渡し、母屋から追い出してしまう。そしてすずにも2人で昔話をして来いと水を向ける。

第6話のあらすじ『昭和20年夏、きたる運命の日!』

昭和20年春。呉にも空襲がやってきた。北條家に被害はなかったが、戦争の陰が日に日に濃くなっていく。そんなある日、北條家ではこんなご時勢だからと花見が企画される。その花見は幸子(伊藤沙莉)に周作(松坂桃李)の同僚・成瀬(篠原篤)を紹介するという重大な会でもあった。大勢の市民が公園で桜を楽しみ、サン(伊藤蘭)や径子(尾野真千子)も満開の桜に心が和む。しかし、すず(松本穂香)は人ごみの中にリン(二階堂ふみ)を見つけてしまい、逆に心乱れる。初対面の幸子と成瀬を皆で盛り立てる中、すずは家族の輪から離れリンと接触する。お互いに言いたいことはあるのだが、すずとリンの会話はかみ合わない。花見からしばらく経ったある昼間、ラジオから円太郎(田口トモロヲ)が勤める工場が爆撃されたというニュースが流れる。さらに、文官だった周作が武官になることになり、教練のため3カ月ほど家に帰れないという。突然の報告にすずは絶句する。

第7話のあらすじ『昭和20年8月広島・・・失った笑顔、絶望の先』

すず(松本穂香)が目を覚ますと、そこは北條家だった。全身包帯だらけで体は動かない。まだ夢を見ているようだ。しばらくたち、すずは現実を理解し始める。防空壕を出たところで不発弾の爆発に遭ったのだ。すずは、底知れぬ絶望と悲しみに襲われる。数日後、呉中が空襲に遭い、北條家の周辺も焼夷(しょうい)弾の被害に。そんな中、戦局の変化で訓練が中止になった周作(松坂桃李)が家に帰ってきた。周作はすずをねぎらうが、夫の顔を見て緊張がゆるんだすずは倒れてしまう。

第8話のあらすじ『最終章前編!戦争が終わる・・・さよなら親友』

広島の方角の空には見たこともない巨大なきのこ雲が。新型爆弾が落とされたという。すず(松本穂香)は江波に住む家族が心配で仕方ないが、ひとりでできることはない。やがて帰宅した周作(松坂桃李)に心配されるが気丈に振る舞う。そして、すずはもっと強くなりたいと心に誓うのだった。数日後、北條家に回覧板が回ってきた。正午から重大発表があるからラジオの前で待機するようにという通達だ。サン(伊藤蘭)や径子(尾野真千子)だけでなく、タキ(木野花)ら近隣住民も北條家に集まり・・・。

第9話のあらすじ『完結~原爆後の広島で出会った愛の奇跡』

戦争が終わった。空襲におびえることもなくなったが、戦時中以上の物不足に悩まされる日々が続いている。北條家では円太郎(田口トモロヲ)の再就職が決まり、径子(尾野真千子)も働きに出るようになった。しかし、終戦直後に海兵団に招集された周作(松坂桃李)はいまだ帰ってこない。すず(松本穂香)は夫の無事を願って前向きに日々を過ごしていた。そんな秋のある日、実家の様子が分からず気をもんでいたすずは、意を決して広島に向かう。

出展:「Paravi」サイトより

 

『この世界の片隅に』のストーリーは「実話」なのか調査

「この世界の片隅に」を視聴した方の中には、「これは実話?」と疑問に思った方もたくさんいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、この作品は漫画家こうの史代さんによって描かれた架空作品、つまり、実話ではありません

実話ではありませんが、実話なのではないかと錯覚するほどに、戦時下のしきたりや暮らしが非常に丁寧に描かれています。

多くの人が実話と錯覚するほどの作品をどうやって描かれたのか、まずは原作者のこうの史代さんについて調べてみました。

原作者こうの史代さんについて

原作者のこうの史代さんは広島出身の漫画家で、日常生活を主なテーマとした様々なタイプの作品を執筆されています。

こうの史代さんは広島県に生まれながら、それまで戦災について詳しく知ることはなく、それどころか、原爆に関することは無意識に避けてきたそうです。

 

そんな作者が馴染みの編集者に「ヒロシマ」について描いてみないかと言われ、広島出身というだけで軽々しく描き論じることのできない題材であると躊躇したものの、執筆することにしました。

それが作者の代表作の一つである、被爆者の戦後の人生を描いた『夕凪の街 桜の国』です。

 

文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞、手塚治虫文化賞を受賞し、映画化やドラマ化もされこの作品をきっかけに、作者は一躍有名になりました。

こちらの作品を見た方の中にも「これは実話ですか?」という疑問をもつ方がいるようですが、実話ではありません。

 

実話ではありませんが、ほのぼのした戦後の日常生活の中にふとよぎる原爆投下の光景や、心の中に残る生き残ったことの負い目、いつまでも消えない後遺症への恐怖と周囲からの偏見などをリアリティ豊かに描かれています。

しかし「原爆作家」と見られることに抵抗を感じた作者は「原爆以外の死、戦争全体にもう1回向き合わなければバランスが取れない」との思いにより「この世界の片隅に」で初めて戦時中の作品を描きます。

「この世界の片隅に」について

作品の舞台である広島県呉市は太平洋戦争中、1945年の3月19日、7月24日、7月25日、7月28日、7月29日など複数回に渡って激しい空襲がありました。

こうの史代さん「祖母からは、ちょっとだけ呉戦災の話は聞いたことがあった。でも私は、あまりそれをまじめに聞いてこなかった。祖母は亡くなって聞くことはできない。そこらへんの後悔の念はあった。祖父母とか、話をできなくなってしまった人々と、描くことで対話をしているような、そういう人たちのことを追いかけるように丁寧に描ければいいなと思った。」引用:https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/10/1019.html

こうのさんは戦時中の暮らしがどういうものだったのか、国会図書館や郷土資料館で当時の雑誌や新聞を集め、家事の道具や服装の材質まで細かく調べたそうです。

そうして、ベースとなる出来事が歴史に忠実で、当時の結婚制度や食生活や服装、風景などが丁寧に再現されているため、実話と勘違いするほどリアルに描かれているのです。

こうした漫画作品を映画化やスペシャルドラマ化するとどうしても原作からカットしなければならない場面が出てきてしまいますが、松坂桃李さんが出演している「この世界の片隅に」は、時間をかけて描ける連続ドラマならではの丁寧な演出がされています。

またより身近に感じられるよう、ドラマオリジナルの演出として2018年の現代が描かれていて、現代の人として榮倉奈々さんが出演しています。

実話ではありませんが、当時の人々が感じていた喜びや悩み、幸せを同じように感じることができるはずです。

 

まとめ

以上、『この世界の片隅に』の動画配信まとめでした。

この作品は実話ではありませんが、実話と思うほど戦時下の日常を忠実に描いています。

だからこそ厳しい暮らしの中でも明るさを失わない、主人公・すずやその周りの人たちがとても愛しく思えます。

再放送についての情報はありませんので、動画配信サービスを利用して、この機会に視聴してみてはいかがでしょうか。

↓2週間の無料お試し期間あり!↓

『この世界の片隅に』の動画を今すぐParaviで無料視聴する 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です