ドラマ|4分間のマリーゴールドの原作を徹底調査!結末もネタバレ




2019年10月11日の夜10時から放送されるTBSの金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」。

余命1年の義姉とのラブストーリーということで、号泣必至のドラマとして早くも話題となっています。

そこで今回は、「4分間のマリーゴールド」の原作を徹底調査し、あらすじや結末のネタバレもご紹介していきたいと思います。

4分間のマリーゴールド|原作とあらすじ

原作は、新人コミック大賞の大賞を受賞したキリエ

「4分間のマリーゴールド」は、ビッグスピリッツコミックス(小学館)にて2017年から2018年に連載されたラブストーリーコミックです。

コミックスは全3巻で完結となっています。

作者のキリエは、2014年に小学館の新人コミック大賞・青年部門で大賞を受賞した漫画家さんでした。

実は、キリエは姉妹の漫画家で、その都度二人で役割分担を決めて漫画を書いているんだそうです。

おそらく「4分間のマリーゴールド」は、妹が作品のメインを作り、姉が作画のアシスタントや編集の打ち合わせなどをしていたものと思われます。

この作品は、非常に繊細なタッチと表現力でどんどん注目され、読売新聞や毎日新聞など新聞各紙でも絶賛されるなどして、多くの感動を呼んだ話題作となっていました。

ちなみに、作者のキリエさんは今回の実写化についてこのようにコメントされています。

この度、私共の漫画「4分間のマリーゴールド」を連続ドラマにしていただくことになりました。その夢のようなキャストに私たちは衝撃を受けました。死の運命が視える救命士、みこと役に福士蒼汰さん。そして、ヒロインの沙羅は美しい菜々緒さん。それぞれのキャラクターたちが、素晴らしく輝かしい命を授かるであろうことが、原作者として心からうれしくありがたく思います。1話と2話の脚本を拝見して、笑い、そして泣きました。読者の皆様とこの感動を分かち合えることを、とてもとても楽しみにしています。この作品を通して出逢ったすべての方に、心からの感謝を込めて。

ドラママニア
第1話から笑えるシーンや号泣するシーンが盛りだくさんのようです。初共演となる4人の兄弟姿も楽しみですね。

あらすじ 

ここからは、「4分間のマリーゴールド」のあらすじについてご紹介致します。

【あらすじ】

主人公の花巻みこと(福士蒼汰)は、3年目の救命救急士。9歳の頃に父親が再婚したものの、父親は他界してしまい、母親も忙しく不在がちという家庭でした。そのため、義兄の廉(桐谷健太)、義姉の沙羅(菜々緒)、義弟の藍(横浜流星)と4人で仲良く暮らしています。

しかし、みこと(福士蒼汰)には誰にも言えない秘密がありました。実は、幼い頃から義姉の沙羅(菜々緒)の事が好きだったのです。みこと(福士蒼汰)は、沙羅(菜々緒)への気持ちを必死で抑えるものの、その想いは日に日に積もっていったのでした。

そして、みこと(福士蒼汰)にはもう1つ人には言えない秘密がありました。実は、救命救急士になってから、手を重ねた人の最期の姿が見えてしまうという特殊な能力を持っていたのです。

そんなある日、みこと(福士蒼汰)は救命救急士として父親と同じ心筋梗塞で倒れた男性の救護にあたります。思わずみこと(福士蒼汰)が、その男性の手を合わせると、その男性が亡くなる前後のビジョンが視えてしまいました。諦めたくなかったみこと(福士蒼汰)は、この運命を変えようと、ビジョンとは違う試みで必死に救護にあたります。

すると、男性は一命を取り留めることが出来たのです。運命を変えることが出来たことに喜ぶみこと(福士蒼汰)でしたが、結局その後、その男性は亡くなってしまいました。死の運命は、どんなに手を尽くしても変えられないことを知り、みこと(福士蒼汰)は絶望します。

というのも、実は、みこと(福士蒼汰)は沙羅(菜々緒)が27歳の誕生日の時に死ぬというビジョンも視ていたのです…。

「4分間のマリーゴールド」は、禁断の愛と変えられない運命に立ち向かっていく切ないラブストーリーになっています。

ちなみに、タイトルにもなっている4分間とは、救命における生死を分けるタイムリミットのことです。

人間は呼吸が止まってからすぐに心肺蘇生をしなければ、4分で50%が亡くなってしまうと言われています。

そのため、救命救急士のみこと(福士蒼汰)にとっては、この4分間が人の生死を左右する大事な時間なのです。

また、マリーゴールドは沙羅(菜々緒)の大好きな花で、みこと(福士蒼汰)が沙羅(菜々緒)の誕生日には必ず贈る花です。

二人にとっては大事な花であることから、その二つを合わせて「4分間のマリーゴールド」というタイトルになったのだと思われます。

 

4分間のマリーゴールド|キャスト紹介 

ここからは、「4分間のマリーゴールド」のキャストについてご紹介していきます。

花巻みこと 演:福士蒼汰

■3年目の救命救急士

■沙羅(菜々緒)の事が好き  

■他人の手に触れるだけでその人の最期が視えてしまう

みことは、どんなに手を尽くしても人の運命を変えられないことに、やりきれない思いをしながら救命救急士という仕事をしています。

ちなみに福士蒼汰さんは、クランクインの前から救急救命訓練を受け、その仕事を学んでいたそうです。

ドラママニア
講師の方がいうには、福士蒼汰さんは普通の人よりもとてもお上手とのこと。彼の救命シーンも見逃せませんね。

また、SNSでも福士蒼汰さんの主演に期待の声が多く集まっていました。

以下は、Twitterや公式サイトのファンメッセージから抜粋したものです。

蒼ちゃんの優しい笑顔が大好きです。好きすぎて好きすぎて日常生活に支障あり…ドラマ楽しみにしています。

みこと役の福士蒼汰さんが大好きです!蒼ちゃんと手を合わせてみたい!

福士蒼汰くんの紡ぐ生と死と愛の物語、楽しみです。待ち遠しくて仕方ないです

福士蒼汰さんの大ファンです。そして菜々緒さんも大好きです。意外なキャストだなーと思ったのですが、とても楽しみです。頑張ってください!

蒼ちゃんの大ファンです!ドラマを大変楽しみにしてます 他に出演される俳優さんが、桐谷健太さん、菜々緒さん、横浜流星君と、豪華なキャストなのでものすごく期待がマックスです。蒼ちゃんの頑張っている姿が、いつも勇気づけられます

福士くんのみこと、似合い過ぎてて楽しみです^_^

福士蒼汰さんが演じるみことくんがとても穏やかででも救命士の姿の時は凛々しくまさに原作を読んで想像していた通りの姿で驚きました。放送楽しみにしています。

蒼汰くんファンですが、このドラマは予告みるだけで、心が温かくなり泣けてきます。花巻家の沙羅も藍もお兄さんも役が皆さんにあっていて、みことも蒼汰くんにぴったり合ってます。色々な感情の兄弟、家族が観れると思うと、今から楽しみです。金曜の夜はタオル用意してテレビの前で待っています

福士蒼汰さんがまたドラマでみれるの嬉しいです♩ 毎週感動しながら見ます!!楽しみ!!

福士蒼汰くんのファンです!!久し振りの恋愛ドラマ今から楽しみです!

穏やかな性格のみこと役が、福士蒼汰さんにピッタリという意見が多かったようです。

また、福士蒼汰さんの恋愛ドラマは2015年の月9主演ドラマ「恋仲」以来、実に4年ぶり。

ファンにとっては、待望の恋愛ドラマとあって期待が高いようでした。

花巻沙羅 演:菜々緒

■みこと(福士蒼汰)の義姉で画家

■みこと(福士蒼汰)の能力により余命1年であることが判明している

■天真爛漫で優しい性格

沙羅は、家族にとって太陽のような存在の明るい人物。

悪女役の多かった菜々緒さんが、沙羅を演じるためビックリされた方も多かったのではないでしょうか。

ちなみに、彼女の兄役でauのCMでも共演している桐谷健太さんは、菜々緒さんについてこうコメントされています。

菜々緒さんは共演しているCMでは怒られてばかりですが(笑)、それを忘れさせるくらい沙羅の役に入り込んでいるので、今作でどんな姿を見せてくれるのか楽しみです。

このことからも、菜々緒さんはすっかり悪女を封印して撮影に挑んでいるようです。

また、菜々緒さんも沙羅の役柄について、このように話されていました。

沙羅は天真爛漫でピュアな女性です。周りの人を笑顔にする魅力を持っていて、優しさでできているような人。これまで悪女の役はたくさん演じましたが、“強い”部分が最初から最後までない役を演じたことはほぼないので(笑)、不安な部分もありますが楽しみです。

余命1年のヒロインという、今までの悪女イメージとは真逆の役を、菜々緒さんがどう演じていくのか注目ですね。

花巻廉 演:桐谷健太  

■格闘好きなみこと(福士蒼汰)の義兄

■元ヤンの警備員

■親代わりにもなる頼れる家長

花巻廉は、一家の大黒柱となる強く優しい男。

だからこそ、みこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)の関係にシビアになってしまう人物でもあります。

みこと(福士蒼汰)の秘密を知ってから苦悩する廉(桐谷健太)の姿も、ドラマでは見どころになるので要チェックです。

また、廉は格闘好きという設定のため、桐谷健太さんもドラマに向けてジム通いを始めたんだそうです。

今ではすっかりハマってしまい個人的にジムに行くようになったと言われていたので、格闘シーンなどがあれば、ぜひ見てみたいですね。

花巻藍 演:横浜流星

■みこと(福士蒼汰)の義弟

■花巻家の料理担当で、得意料理は和食  

■精神的に自立しているため、高校に馴染めない

花巻藍は末っ子で、可愛らしい所もあるが家族の中では一番クールな存在。

自立しているが故に周囲と馴染めず、そのことを家族に秘密にしている高校生です。

花巻藍を演じる横浜流星さんは、今年、一番ブレイクした若手のイケメン俳優さんです。

そのため、彼の出演に喜ぶファンがSNSには溢れていました。

以下は、Twitterや公式サイトのファンメッセージから抜粋したものです。

あー早く4マリ始まらないかなぁ、、藍くんに会いたいな

流星くんの誕生日動画10万回以上再生されてる…!もはや彼が主役なのでは笑

料理姿の流星くんカッコいい〜毎週エプロン姿見れるのかな期待してます

今回のドラマに流星くんが出演されるということで今からとても楽しみです!流星くんの演技はとても素晴らしくそしてカッコイイです!カッコイイ流星くんの演技を見られるのを楽しみにしてます!体調には気をつけて撮影頑張ってください!応援しています!!

またドラマで流星くん観れると思うと今からとても楽しみです!ストーリー調べてみたら とても泣けるストーリーだと書いてあったので手元にティッシュとハンカチ常備ですね(笑)

流星君が出演する前に母から連ドラに出演すると言われました。その時からテンションが上がりました。流星君が凄い大好きです。

横浜流星くんのファンです!もう楽しみで仕方がないです応援してます

流星くんファンです♡流星くんが出るって分かってめっちゃ嬉しかった笑笑4分間のマリーゴールド早く見たい!!楽しみにしてます

流星くんの演技は素晴らしい。どんな役にも染まれるホントに凄い役者さんだと思います。目で語れる。泣きの演技に魅了されます。そしてアクションも出来る。日本の役者さんでアクションをやらせたら右に出る人はいないと思います。このドラマではアクションは無いかもしれませんが、TBS様、是非とも流星くんにアクションの役あげて下さい

若い方を中心に熱烈なコメントや、応援メッセージが多数見られました。

ちなみに横浜流星さんは、このドラマが始まるまではチャーハンくらいしか自分で料理出来るものがなかったそう。

今では、餃子やハンバーグなどいろいろなものが作れるようになってきたそうなので、ドラマでは彼の料理姿も必見になってくると思います。

磯部健太 演:西村元貴

■救急救命士の機関員

■傷病者に入れ込むみこと(福士蒼汰)にイラついている

磯部健太を演じる西村元貴さんは、29歳のイケメン俳優さんです。

2017年から2018年に放送された安藤サクラさん主演の朝ドラ「まんぷく」では、大人になった主人公たちの長男・立花源を演じ、一気に知名度を上げました。

「4分間のマリーゴールド」では、みこと(福士蒼汰)にイラつく同僚役として出演される予定です。

上田祐樹 演:伊藤あさひ

■救急救命士・新人

■救急救命士の忙しさにまだ慣れていない

上田祐樹を演じる伊藤あさひさんは、まだ19歳の若手イケメン俳優です。

2018年の戦隊ヒーロードラマ「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」では、ルパンレッドとなる夜野魁利を演じ、子供たちから多くの人気を集めました。

2019年には、立て続けにドラマ出演しているので、今後、ブレイクする可能性が非常に高い俳優さんです。

ドラママニア
ちなみに、花巻藍役の横浜流星さんも戦隊ヒーロードラマ「トッキュウジャー」に出演されています。もしかしたら、伊藤あさひさんも彼のように大ブレイクするかもしれませんね。

阿部志乃 演:関水渚

■明るくお茶目な消防隊

■救急救命士を目指している

阿部志乃は、救急救命士を目指している明るい消防隊の女の子。

阿部志乃を演じる関水渚さんは、グラビアアイドルとしても活躍する現役女子大生です。

2019年には映画「町田くんの世界」で、細田佳央太さんと共に主演を務め、女優としても活躍の幅を広げています。

ちなみに、「4分間のマリーゴールド」は、彼女にとって、ドラマ初出演作となるようです。

遠藤琴 演:鈴木ゆうか

■藍(横浜流星)の同級生

予告編では、藍(横浜流星)と一緒にスーパーにいるシーンが映されていました。

藍(横浜流星)に気がある女子高生役なのかもしれません。

ちなみに、遠藤琴を演じる鈴木ゆうかさんは、女性ファンション雑誌「non-no」の専属モデルを務める女子に大人気の女優さんです。

プロポーションだけでなく顔も抜群に可愛いので、このドラマ出演で男性ファンも一気に増えるのではないでしょうか。

花巻理津 演:麻生祐未 

■花巻家の母親でみこと(福士蒼汰)の義母

■仕事はフリーのカメラマン

■海外を拠点にしている

花巻理津は、海外で生活しているフリーのカメラマンです。

ネタバレになりますが、みこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)の恋愛や結婚を知ってから、理津がどんな反応を示していくのかも気になる所になっていくと思います。

花巻理津を演じる麻生祐未さんは、今や母親役が定番となった大女優さんです。

ちなみに、今クールは金曜8時にテレビ東京系列で、名取裕子さんと共に主演を務める「カクホの女2」も放送されます。

ドラママニア
こちらは、スリルのある刑事ドラマになっているので、金曜日の夜は麻生祐未さんを見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

江上良平 演:三浦誠己

■みことの上司で、救命救急士の隊長 

■冷静沈着で穏やかな性格

みこと(福士蒼汰)の上司・江上良平を演じるのは、元お笑い芸人という肩書きを持つ三浦誠己さんです。

今ではすっかり渋いベテラン俳優として活躍する彼ですが、実は今でも、芸人の千原ジュニアさんのことを慕っているんだそう。

ちなみに、芸人を辞めて役者として生きる後押しをしてくれたのも、千原ジュニアさんだと言われています。

三浦誠己さんにとって千原ジュニアさんは恩師のような存在なのかもしれませんね。

そんな彼が、ドラマでどんな上司役の演技を見せてくれるのかも楽しみな所です。

高木静香 演:西尾まり

高木静香役の西尾まりさんは、今までに数多くのドラマに出演されてきたベテラン女優さんです。

福士蒼汰さんとは、前クールのドラマ「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」でも共演されていました。

コミカルな演技からシリアスな役まで、何でも自分のものにしてしまう名脇役なので、彼女がどんな役で出演されるのか楽しみな方も多いのではないでしょうか。

原田治 演:橋本じゅん

原田治を演じる橋本じゅんさんは、劇団☆新感線所属のベテラン俳優さんです。

2017年からは、母校である大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科で専任教授を務めるなど、マルチな才能を発揮しています。

また、最近では、広瀬すずさん主演の朝ドラ「なつぞら」で、東洋動画の製作部長役として出演し話題になっていました。

 

4分間のマリーゴールド|結末ネタバレ

ここからは、原作コミックを基に「4分間のマリーゴールド」の結末ネタバレをご紹介していきます。

最終回あらすじ

【最終回あらすじ】

お互いの気持ちを伝え、結婚を決めたみこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)。廉(桐谷健太)も二人の仲を認め、着々と結婚式の準備が進んでいきます。

そして、ウェディングドレスを選びに行く日、沙羅(菜々緒)の要望で、急遽、美術館に向かうことになります。みこと(福士蒼汰)は夜勤明けだったため、運転は沙羅(菜々緒)がすることになりました。

しかし、信号待ちをしていた時に、暴走したトラックが二人の乗っている車に突っ込んできたのです。みこと(福士蒼汰)はなんとか目を覚ましましたが、沙羅(菜々緒)はぐったりとして頭から血を流していました。みこと(福士蒼汰)は冷静を心がけ必死に手当てをしていると、沙羅(菜々緒)の意識が少し戻ります。

しかし、「大好き」と言ったのを最後に呼吸を止めてしまうのです。呼吸を止めた後も、必死にみこと(福士蒼汰)は心肺蘇生を繰り返し、なんとか一命を取り留めますが、沙羅(菜々緒)の意識が戻ることはありませんでした。

そして、運命の日となる沙羅(菜々緒)の誕生日がやってきます。プレゼントのマリーゴールドを手にしたみこと(福士蒼汰)が病院に行くと医者にこう言われます。「助かる確率は呼吸が止まってからどれだけ早く心肺蘇生を始められたかで決まります。彼女は幸運でしたね。貴女がそばにいたから。」と。

つまり、沙羅(菜々緒)の意識が戻ったのです。そして1年後、二人は父と母(麻生祐未)が挙げた教会で結婚式をするのでした。

最後は、沙羅(菜々緒)の意識が戻り結婚式をして終わるというハッピーエンドになっていました。

また、みこと(福士蒼汰)はあの事故以来、人の最期が視えるという特殊能力もなくしています。

そもそも、視えていたビジョンは明確なものではなく、みこと(福士蒼汰)によって助けられた自殺志願者などもいました。

大切なのは「今、この瞬間」。この1秒を愛して、生きるということだとみこと(福士蒼汰)は考え、沙羅(菜々緒)と共に生きていくという終わり方になっています。

最終回の結末ネタバレ

結末①:みこと(福士蒼汰)の心肺蘇生で沙羅(菜々緒)は一命を取り留める

人は呼吸が止まっても、すぐに心肺蘇生をすれば、命の助かる可能性が広がっていきます。

その可能性は、2分で90%、3分で75%、4分で50%、5分で25%。

救急救命士のみこと(福士蒼汰)が、冷静に迅速な心肺蘇生を行ったことで、沙羅(菜々緒)は一命を取り留めることができたのでした。

結末②:運命となる誕生日で、沙羅(菜々緒)は意識を取り戻す 

実は、誕生日の前日に、みこと(福士蒼汰)は沙羅(菜々緒)のアトリエで、自分とマリーゴールドが書かれた絵を見つけます。

マリーゴールドには、「悲しみ」や「絶望」という花言葉以外に、「生きる」という意味を持つ花でした。

そして、このメッセージは沙羅(菜々緒)がみこと(福士蒼汰)へどうしても伝えたかったメッセージ。

人を救えないことに絶望していたみこと(福士蒼汰)を沙羅(菜々緒)が救った絵でもあります。

もしかしたら、みこと(福士蒼汰)自身が、沙羅(菜々緒)に対して「生きる」という強い希望が持てたからこそ、沙羅(菜々緒)の意識が戻ったのかもしれませんね。

結末③:二人は結婚式をする

二人はラスト、父と母(麻生祐未)が挙げた小さな教会で式をあげます。

漫画では、沙羅(菜々緒)が「自力で歩くのに1年もかかっちゃった」と言っているので、ドラマでも結婚式が1年後になっているかもしれません。

結末④:みこと(福士蒼汰)の能力は消える

そもそも、みこと(福士蒼汰)の能力は救急救命士になってから生まれたものでした。

ファンタジー要素のある作品のため、この能力がなぜ生まれ、なぜ消えたのかは明言されていません。

しかし、最愛の人を事故死から救ったことによって、みこと(福士蒼汰)の能力は失われたようです。

ドラママニア
もしかしたら、とっさの事故でも沙羅(菜々緒)を救えるように…との思いから、あの能力が宿ったのかもしれないですね。

 

4分間のマリーゴールド|まとめ

10月からいよいよ始まる「4分間のマリーゴールド」。

切ないラブストーリーですが、心暖まるシーンも多く、誰もが涙しながら見れる感動物語になっていると思います。

登場人物たち全員のハッピーエンドも期待出来るので、ぜひ最後まで見てみて下さいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です